« 『マンガ肉と僕』 | トップページ | 『世界の果てまでヒャッハー!』 »

2017年3月25日 (土)

『コンカッション』

今日は、ウィル・スミスの主演映画をひとつ、ご紹介♪
 
最近は、ちょっと親バカぶりが過ぎる感じのウィル・スミスなわけやけど、この作品で久しぶりにゴールデン・グローブの男優賞にノミネートされたらしいんよ。
 
監督のピーター・ランデズマンってひとは、ジャーナリスト出身みたいで、初監督作品がケネディ暗殺ものの『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』で、次作がリーアム・ニーソン主演でウォーターゲート事件をネタにしたものになるんやって。
 
というわけで、そんな作品の感想は...................?!
 
コンカッション / Concussion   ★★★☆☆   (2015年)
 
監督:ピーター・ランデズマン
出演:ウィル・スミス、アレック・ボールドウィン、ググ・ンバータ=ロー、ポール・ライザー、デヴィッド・モース、アーリス・ハワード、アルバート・ブルックス、マイク・オマリー、ルーク・ウィルソン、アドウェール・アキノエ=アグバエ、エディ・マーサン、ヒル・ハーパー、スティーヴン・モイヤー、マシュー・ウィリグ
 
ナイジェリアからの移民で、検死官をする男は、亡くなった元アメフトの名選手の遺体を調べることに。死因が特定できないことに疑問を持った彼は、脳の更なる検査をし、ある重大な事実に気がついたのだが.................ってな実話を基にしたドラマ?!
 
アメリカの国民的スポーツであるアメリカン・フットボール、しかしハゲしい衝突の繰り返しで選手の脳には深刻な疾患が................ってなことで、ひとりの無名の医師がNFLを相手に困難な戦いに挑む様をってなとこかな。
 
主演のウィルくんは熱演してるんやけど、冒頭のアフリカ訛りがいつしか流暢な英語になって、キャラの設定がブレてもうてるってところが、まぁ、良くも悪くも“ウィル・スミスの映画”って感じやったわ(苦笑)
 
話としては、科学的真実を訴えるも、強大な権力に跳ね返されってところは、なかなか盛り上がるし、それが実話やってところに魅力があるんやけど、先入観があるからか、ウィルくんが演じることで、どこかリアリティが欠如してもうてる気がして........。
 
どうも演出する側が“ウィル・スミス主演”ってことに満足してもうて、中途半端になってもうてる感じがしてもうてなぁ..............?!
 

« 『マンガ肉と僕』 | トップページ | 『世界の果てまでヒャッハー!』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事