« 『ライチ☆光クラブ』 | トップページ | 『未来を写した子どもたち』 »

2017年4月 8日 (土)

『PK ピーケイ』

今日は、インドの映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督さんをしてるラージクマール・ヒラニくんと主演のアーミル・カーンくんのコンビといえば、久々に(?)興行的に話題になったインド映画『きっと、うまくいく』と一緒なんよ。

今作では、インドのアカデミー賞では監督賞と主演男優賞、主演女優賞にノミネートされただけで、受賞できなかったみたいなんやけど、劇場で公開時の評判が良くて観たかったものの、結局、時間があわず、レンタル開始にあわせて、早速、期待しながら鑑賞したんよね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

PK ピーケイ / PK   ★★★★   (2014年)

監督:ラージクマール・ヒラニ
出演:アーミル・カーン、アヌシュカ・シャルマ、ボーマン・イラニ、サウラブ・シュクラ、サンジャイ・ダット、パリクシャット・サニ

調査のために地球にやって来た宇宙人は、到着早々、宇宙船を呼ぶリモコンを盗まれる。“神様に聞け”と言われ、神様探しを始める彼を、TV局の女性レポーターが見つけ、話をするが..............ってなドラマ?!

願いを聞いてくれる神様はどこにいるのか、マジメに問いかける男と、そんな彼をオモシロイと思って密着する女、コミカルなテイストながら、さりげなくマジメなテーマを入れ込み、恋愛ドラマもってとこかな。

人間を知らない宇宙人という設定を使いながら、細かい笑いを拾いつつ、神とは、宗教とは、というテーマを突いてくるところが、なかなかなんよ。

途中まではそれほどでもないかって思わせながら、後半で上手くまとめて感情にグイグイと迫ってくるあたりが、この監督さんの腕なんかもしれんね。

インド映画らしい歌と踊りをしっかりと盛り込みつつも、じっくりと練り込んだストーリーで観る側を惹きつける、そんなドラマは、笑いあり、涙ありで、なんや気がついたら思いっきり楽しんどったよ?!(笑)

« 『ライチ☆光クラブ』 | トップページ | 『未来を写した子どもたち』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事