« 『暗殺教室~卒業編~』 | トップページ | 『スター・トレック BEYOND』 »

2017年4月 1日 (土)

『ハングリー・ハーツ』

今日は、イタリア映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ヴェネチア映画祭で男優賞と女優賞をダブル受賞したらしく、イタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞、監督賞、脚本賞、主演女優賞なんかにノミネートされたんやって。

主演のひとり、アダム・ドライヴァーって役者さんはアメリカ人なんやけど、先のサーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』や、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演したりして、徐々に売れて来てる感じやね。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ハングリー・ハーツ / Hungry Hearts   ★★★☆☆   (2014年)

監督:サヴェリオ・コンスタンツォ
出演:アダム・ドライヴァー、アルバ・ロルヴァケル、ロバータ・マクスウェル、ジェイク・ウェバー、アル・ローフェ、ナタリー・ゴールド、ヴィクター・ウィリアムズ、デヴィッド・アーロン・ベイカー

ニューヨークの中華レストランで知り合った男女は、やがて恋に落ち、結婚して子供が生まれることに。すべてが順調に思えたふたりの関係だったが、出産を機に、微妙なすれ違いが..............ってなドラマ?!

医者を信用できず、菜食主義者の妻は息子を独自の方法で育てようとし、栄養失調ぎみのわが子を心配し、悩む夫は医者に相談するものの妻に聞き入れてもらえず............ってなことで、子育てをめぐる夫婦の葛藤をってとこなんかな。

過度の思い込みで赤ん坊をかわいがる妻と、そんな彼女を止められずに、それでも事態を放置できなくなり苦悩する夫、主演のふたりの静かなバトルを、少し工夫した映像で演出しつつってところは、なかなか悪くなかったね。

きっと実際に子育てを経験したことのある人なら、なんか感じるものがあるんかもしれんなぁと思いつつ、ひとり身のハゲおやじは、あるかないか分からない未来のシチュエーションを想像しながら、ちょっと考えてもうた(苦笑)

かなりデフォルメしたシチュエーションではあるんやろうけど、実際の子育てってのは、大なり小なり、こういうことがあるんかもしれんなぁ.........なんて?!

« 『暗殺教室~卒業編~』 | トップページ | 『スター・トレック BEYOND』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事