« 『グッバイ、サマー』 | トップページ | 『3月のライオン 前編』 »

2017年4月27日 (木)

『インビテーション』

今日は、サスペンスものをひとつ、ご紹介♪

この作品、パッケージにデカデカと“27の映画祭が熱狂した傑作スリラー”って書いてあって、なんか、その必死すぎる売り込みの仕方で、かえって心をよぎるものがあったんよ(笑)

例によって、この手のウリになるマニアック映画の祭典(?)シッチェス・カタロニア国際映画祭でグランプリを受賞したってのが目玉になってるらしい。

監督さんは、ミシェル・ロドリゲスが注目されるキッカケになった、女性ボクサーを描いた『ガールファイト』って作品を撮ったひとで、名前のとおり、日系アメリカ人のひとで、これが久々の監督作になったみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は...........................?!

インビテーション / The Invitation   ★★★☆☆   (2015年)

監督:カリン・クサマ
出演:ローガン・マーシャル=グリーン、タミー・ブランチャード、リンジー・バージ、ミキール・ハースマン、マイク・ドイル、ジョン・キャロル・リンチ、ジェイ・ラーソン、エマヤツィ・コーリナルディ

別れた妻とその現パートナーから届いた晩餐会の招待状。戸惑いながらも、自分の今の彼女を連れて、かつて住んでいた家に向かうのだが..................ってなサスペンスもの?!

久しぶりに再会した友人たちも交え、和やかな雰囲気で会は始まるが、彼には何かが不自然に思えて気になり.............ってなことで、衝撃のラストへ...........ってことらしいんやけどね(苦笑)

まぁ、この展開になると、だいたい結末は想像できるやんかってところで、後は話のツジツマやら、どのタイミングでってことになるんやけど、いろいろと背景を語りながら、ドラマとしては工夫されてたかな。

ただ、やっぱり“意外性”っていう部分では、あまり目新しさはなくて、“う~ん、そうなるよなぁ”って範囲で終わってもうた感じで、特にパッケージで騒ぐほどの“特別感”はなかったね。

それに、最後のカットが、個人的には蛇足に思えてもうて、低予算で作ってるんやろうけど、ちょっと“安っぽい臭”が気になってなぁ.............?!(苦笑)

« 『グッバイ、サマー』 | トップページ | 『3月のライオン 前編』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事