« 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 | トップページ | 『PK ピーケイ』 »

2017年4月 7日 (金)

『ライチ☆光クラブ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタはカルト的人気の(?)漫画なんやってね。また例によって、漫画を読まないオヤジには、さっぱり馴染みのない話なんやけど(苦笑)

監督さんは、以前に紹介したホラー系のドラマ『パズル』や、実話をモチーフにってことで話題になった『先生を流産させる会』ってのを作ったひとなんよ。

そういえば、この作品の主役を演じてる野村くんは、監督さんの前の作品でも主役を演じてたみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ライチ☆光クラブ   ★★★☆☆   (2015年)

監督:内藤瑛亮
出演:野村周平、古川雄輝、中条あやみ、池田純矢、間宮祥太朗、戸塚純貴、征木玲弥、岡山天音、松田 凌、藤原季節

工業地帯の廃墟に集まる中学生たちは、“光クラブ”なる秘密結社を作り、腐りきった大人社会に反発し、若さと永遠の美を求めて活動をしていたのだが...............ってなホラー&ファンタジー?!

カリスマのあるリーダーのもと、人口知能を持つロボットを作り、若くて美しい少女を誘拐し、組織のシンボルとして崇めようとするのだが、彼のやり方に疑問を持つ者が現れ..............ってな感じで、アングラなテイストを醸し出しつつ、ちょっとグロテスクにってとこなんかな。

作品の作りとしては、期待の若手俳優たちの品評会的なところなんやろし、そういう意味では野村くんや古川くん、中条くんあたりがフィーチャーされてて、それなりに目的は果たされてるんやろね。

まぁ、逆に“中学生”っていう設定には、ちょっと無理がある面々な気はするんやけど(苦笑)

ハリボテ感たっぷりなロボットが出てきたときは、どないしようかと思ったんやけど、ホラー的な描写やボーイズラブが必要かは置いといて、それなりに若さの暴走を描くってところでは、悪くないのかも?!

« 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 | トップページ | 『PK ピーケイ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事