« 『ピュア 純潔』 | トップページ | 『フラワーショウ!』 »

2017年4月18日 (火)

『走れ、絶望に追いつかれない速さで』

今日は、インディーズ系の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてる中川龍太郎くんは、以前にも紹介した『PLASTIC LOVE STORY プラスチック・ラブ・ストーリー』『愛の小さな歴史』といった作品を作ったひとなんよ。

若手のクリエーターとして、かなり注目されてるらしく、これまでの作品を観た感じでは、低予算ながら、なかなか映像作家としてキラリと光るセンスを放ってる感じがするね。

ちなみに、この作品の主役を演じてる太賀くんは、中野英雄の次男坊で、まだ芸歴は長くないわりに、かなりの数の作品に出演してるんよなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

走れ、絶望に追いつかれない速さで   ★★★☆☆   (2015年)

監督:中川龍太郎
出演:太賀、小林竜樹、黒川芽以、松浦祐也、藤原令子

ずっと同じ部屋で同居生活をしていた親友が、突然に自殺してしまった。一年が経ち、まだその死を受け入れられない男は、親友が最後に描いた、彼の中学時代の同級生に会おうと、富山に向かうのだが.................ってなドラマ?!

どこか納得できずに答えを探して旅に出て、親友の過去をたどりながら、何かを感じる、そんな喪失と再生の物語ってとこなんかな。

どうしようもない閉塞感から、再生への一歩を進み、そこからの心の解放ってのを、実に瑞々しい映像で綴ってるところが、ごっつい印象的やった。

話の内容どうこうというよりは、イメージを映像化して語りかけるような作品なのかもしれんね。

そもそも、なんともインパクトのあるタイトルからして、どこか哲学的で、興味をそそられるあたり、なかなかやったよ。

確かに、絶望に追いつかれてもうたら、そこから前には進めんようになるんかもしれんなぁ...............なんて、分かったような、分からんような..............?!(笑)

« 『ピュア 純潔』 | トップページ | 『フラワーショウ!』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事