« 『おとぎ話みたい』 | トップページ | 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 »

2017年4月 5日 (水)

『ハイエナ・ロード』

今日は、カナダの戦争映画をひとつ、ご紹介♪

監督のポール・グロスと言えば、以前に紹介した戦争映画『A Time of War 戦場の十字架』のひとで、どうやら彼の父親が軍人やったらしく、そのせいで幼少期は世界各地を家族で転々としてたらしい。

本国カナダでは、いろいろな賞を受賞したりしてて、この作品でも賞を受賞したり、ノミネートされたりしたみたいで、かなり評価されてるんやって。

そんな作品に出演してるロッシフ・サザーランドって役者さん、名前を見てひょっとしてと思ったら、ドナルド・サザーランドの実子らしく、キーファー・サザーランドが異母兄になるんやって。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ハイエナ・ロード / Hyena Road   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ポール・グロス
出演:ロッシフ・サザーランド、ポール・グロス、クリスティーン・ホーン、アラン・ホーコ、ナビル・エルーアハビ、ニーマット・アルガンダビ、クラーク・ジョンソン、カール・キャンベル

アフガニスタンのカンダハールに駐留し、監視活動を行っているカナダ軍の狙撃部隊は、ある日、タリバンの奇襲に遭い、荒野のなかの村に逃げ込み、そこでひとりの男に助けられる。その話を聞いた情報官は、ある男の噂を思い出し................ってな戦争ドラマ?!

ハゲしい紛争地帯で危険な任務を行う男たちと、現地人どうしの争い、そんな混沌とした場所での任務を描きながら、戦いの無常さをってとこなんかな。

出だしから緊迫感が出てて、リアルな映像を巧みに使いながら、グイグイと話に引き込んで切れて、なかなかのクォリティーやったよ。

戦争ものってことで、それなりにエグめの場面もあるんやけど、軸足を人間ドラマに置いてるところで、単にドンパチやるだけで終わらない、話の深みがあったかな。

しかし、中東の平和のため、と言いながらも、こうして憎しみ合いながら人と人が殺し合って、実際に多くの犠牲者が出てるって現実は、なんや“やるせなさ”を感じてまうやんね?!

« 『おとぎ話みたい』 | トップページ | 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事