« 『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』 | トップページ | 『永い言い訳』 »

2017年5月11日 (木)

『ある天文学者の恋文』

今日は、ちょっと異色の恋愛ドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてるオルガ・キュリレンコといえば、ウクライナ出身の元モデルさんってことで、なんとなくミラ・ジョヴォヴィッチと同じ系統になるわけやけど、『007/慰めの報酬』でボンドガールなんかもやったりしながらも、なかなか“女優”としては当たりがない感じなんよなぁ。

個人的には、トム・クルーズと共演した『オブリビオン』って作品なんかでも、彼女の美しさが輝いてて、ごっつい応援してるんやけどね(笑)

というわけで、そんな彼女が“トルナトーレ”作品に出演ってことで期待して鑑賞した感想は......................?!

ある天文学者の恋文 / La Corrispondenza   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
出演:オルガ・キュリレンコ、ジェレミー・アイアンズ、パオロ・カラブレージ、ショーナ・マクドナルド、アンナ・サヴァ、イリーナ・カラ

初老の天文学者と恋人関係だった女性は、出席した大学の講義で彼が亡くなったことを知らされ、ショックを受けるが、そんな彼女のもとには、死後も彼から手紙やメッセージが届き...............ってな恋愛ドラマ?!

彼の死を受け入れられない彼女は、彼の住んでいた家や、ふたりの思い出の場所を訪ねるが、彼女の行動を予測した彼から、手紙や贈り物が..........ってなことで、この世を去った相手との切ない恋愛をってなとこかな。

ヒロインのオルガくんが、女性スタントマンで、かつ天文学を学ぶ学生っていう設定で、強引に彼女のアクション女優的な面を押し込んでくるあたりが余分かなぁって思いながらも、少し哲学的な会話なんかを挟みながら綴られる恋愛模様ってのは、なかなかグッとくるものがあったよ。

オルガくんの美しさと、ジェレミーおじさんの落ち着いた演技ってのが、程よい塩梅で絡んでるあたりがエエんかな。

冷静に考えると、ちょっと“悪ふざけ”のような感もするんやけど、“永遠の愛”ってのをテーマに描かれる恋の話は、それなりに切なく、ロマンチックやったと思うんやけどね?!

« 『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』 | トップページ | 『永い言い訳』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事

恋とか愛とか...」カテゴリの記事