« 『高慢と偏見とゾンビ』 | トップページ | 『バースデーカード』 »

2017年5月 4日 (木)

『コロニア』

今日は、ドイツ・ルクセンブルグ・フランスの共同製作の作品をひとつ、ご紹介♪

この作品、どうやらソコソコ話題になってたみたいで、レンタル屋でもレンタル開始からしばらくの間、かなり本数を置いてあるながらも、貸出中が続いてて、なかなか観れなかったんよ。

やっぱり注目は、主役を演じてるエマ・ワトソンなわけで、“ハリー・ポッター”シリーズが終わった後も、順調に女優として活躍してる感じやんね。

というわけで、そんな彼女が活躍する(?)作品の感想は.......................?!

コロニア / Colonia   ★★★☆☆   (2015年)

監督:フロリアン・ガレンベルガー
出演:エマ・ワトソン、ダニエル・ブリュール、ミカエル・ニクヴィスト、ジャンヌ・ヴェルナー、ヴィッキー・クリープス、リチェンダ・ケアリー、アウグスト・ツィルナー、ニコラ・バルソフ、セザール・ボルドン、マルティン・ヴトケ、ジュリアン・オヴェンデン

仕事のフライトを利用して、チリに移り住んでいた活動家の彼に会いに来たキャビンアテンダントの彼女だったが、軍部によるクーデターによって彼が反体制派として目の前で捕らえられ、行方不明に。なんとか居場所を突き止めた彼女は、彼がいるハズのカルト教の拠点に潜入するのだが...........てなドラマ?!

愛する彼を救い出すため、危険を顧みずに入信するが、そこでの生活は想像以上に過酷で.............ってことで、実際の出来事に着想を得て、作られた話らしいんよ。

主役のエマくん、なかなか難しい役どころを、魔法の世界を卒業して、女優として生きる決意なんやろうけど、まさに“体を張って”ガンバってたわ(笑)

話としては、なんとも理不尽で、“愛の力”ってのを出しつつってところなんやろうけど、なんとなく極端すぎて、どこか冷静に“スゴっ”て思うものの、個人的には感動まではいかんかったね。

それでも、チリという国で、こういう歴史的な事実があったってのは、ちょっと勉強になったかも?!

« 『高慢と偏見とゾンビ』 | トップページ | 『バースデーカード』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事