« 『野良犬たちの掟』 | トップページ | 『高慢と偏見とゾンビ』 »

2017年5月 2日 (火)

『少女』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、劇場で公開されてた時は、なかなか印象的な予告が気になって、興味をそそられてたんやけど、キャスティングのせいか、評判がイマイチで、結局は映画館には行かんかったんよ。

原作は人気作家の湊かなえの小説ってことで、かなりのインパクトやった『告白』と同じように、ちょっと狙ってる感はあったんやけど、原作は未読なんで、そこらへんの比較はできんのやけど、監督さんの腕の違いがでたのかもなぁ。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

少女   ★★★☆☆   (2016年)

監督:三島有紀子
出演:本田 翼、山本美月、真剣 佑、児嶋一哉、菅原大吉、佐藤 玲、稲垣吾郎、白川和子、川上麻衣子、銀 粉蝶

厳格な祖母により心に傷を負った女の子と、剣道の試合でケガをして以来、学校でイジメにあっている女の子、幼馴染の親友であるふたりは、互いに“死”に魅せられ、別々に夏休みを過ごすのだが.............ってな青春サスペンスドラマ?!

傷ついた心を抱えながら日々を過ごす女子高生たちは、自分の目で“死”を目撃したいという願望にかられ、重い病気を持つ小児病棟の子供たちと知り合ったり、老人ホームでボランティアのバイトをするのだが.......ってなことで、不器用に生きる女の子たちの苦悩をってとこなんかな。

まぁ、このキャスティングを見た時点で、演技力を問うのは愚問やってのは分かってるんやけど、まぁ、ふたりとも不器用やわ(苦笑)

作品自体も、意味深な前半から、なぜかメロドラマ風な後半へと、どうにもアンバランスな感じなんよなぁ。

とりあえず強引にシュールな風にまとめてあるものの、なんとなくシックリとこない気分がモヤモヤと残る、そんな作品やったよ?!

« 『野良犬たちの掟』 | トップページ | 『高慢と偏見とゾンビ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事