« 『時計じかけのオレンジ』 | トップページ | 『パコダテ人』 »

2017年5月15日 (月)

『ワン・ナイト』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、豪華な顔ぶれが出演してる群像劇をひとつ、ご紹介♪

この作品の出演者を見ると、『マジック・マイク』で再ブレイクする前のチャニング・テイタム(奥さんも共演)、『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で注目される前のオスカー・アイザック、“アヴェンジャーズ”に出演する前のアンソニー・マッキー、タランティーノのお気に入り(?)のロザリオ・ドーソン、軽めのコメディでよく主演で出てるジャスティン・ロング、アンソニー・ミンゲラの息子のマックス・ミンゲラ、いつも鼻に目が行ってまうルーニー・マーラの姉のケイト・マーラ 等、えらい豪華なんよ。

ちなみに、作品のなかで歌声を披露してるオスカー・アイザックは、当初、別のひとが曲を提供するハズやったのを、自分で作って、それを披露してるんやって。まぁ、もともとは自分のバンドを持って、ミュージシャンをしてたらしいやけど。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ワン・ナイト / 10 Years   ★★★☆☆   (2011年)

監督:ジェイミー・リンデン
出演:チャニング・テイタム、ジェナ・ディーアン・テイタム、ジャスティン・ロング、マックス・ミンゲラ、オスカー・アイザック、クリス・プラット、アリ・グレイナー、リリー・ランプキン、スコット・ポーター、マイク・ミラー、オーブリー・プラザ、ケリー・ヌーナン、ケイト・マーラ、リン・コリンズ、アンソニー・マッキー、ロザリオ・ドーソン、ロン・リビングストン、アーロン・ヨー

高校を卒業して10年の記念に開催される同窓会、それぞれの10年間を過ごして、久しぶりに集まった面々だったが...............ってなことで、パーティーに集まった人たちのちょっと複雑な心情を描いた群像劇?!

イジメっ子とイジメられた人たち、かつての憧れの女の子や元カレと元カノ、ずっと思いを寄せていた相手、過去から現在へのそれぞれの思いが、ひと夜の再会の場で交錯し.........ってなところかな。

いやぁ、今さらなDVD化なわけやけど、元カレと元カノで共演するテイタムくんとロザリオくんをはじめ、出てる顔ぶれが、なかなか豪華なんよ。

とりわけ、歌手になった同級生ってことで出演してるオスカーくんが、ギター片手に歌うんやけど、相変わらず歌う姿が様になってるし、上手いんよなぁ♪(この曲のためだけにサントラが欲しい...........)

ドラマとしても、まぁ、ありきたりなんやろうけど、10年間という年月のなかで、それぞれが過ごしてきた時間ってのがさりげなく感じられて、悪くなかったね。

とっても小粒ながら、思いのほか楽しめる、そんな作品やったよ。

しかし............話の内容からしても“10年”ってのがポイントになっていながら、敢えて邦題をカタカナにして“ひと夜”って変えてまうあたり、ちょっと違うんやないかなぁって、ハゲしく思うんやけどね!?(苦笑)

« 『時計じかけのオレンジ』 | トップページ | 『パコダテ人』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事