« 『ザ・ギフト』 | トップページ | 『溺れるナイフ』 »

2017年5月25日 (木)

『ワイルド・バレット』

どうも先日紹介した『ワイルド・スピード ICE BREAK』を観てたら、ポール・ウォーカーが思い出されて、まだ紹介してなかった彼の主演作をひとつ、ご紹介♪

この作品でタッグを組んだ監督のウェイン・クラマーとポール・ウォーカーは、その後、 『スティーラーズ』って作品で、再び一緒に仕事をしてるんよね。

ポール・ウォーカーというと、すっかり“ワイルド・スピード”の........ってイメージになってもうてるけど、それ以外でも、いろいろと頑張ってたんやけど、なかなかヒットはせんかったんよなぁ。

というわけで、そんなノスタルジックな気分は置いといて、作品の感想は..................?!

ワイルド・バレット / Running Scared   ★★★☆☆   (2006年)

監督:ウェイン・クラマー
出演:ポール・ウォーカー、ヴェラ・ファーミガ、キャメロン・ブライト、チャズ・パルミンテリ、ジョニー・メスナー、エリザベス・ミッチェル、イワナ・ミルセヴィッチ、マイケル・カドリッツ、カレル・ローデン、ブルース・アルトマン、アレックス・ニューバーガー

組織の兄貴分が警官を撃った銃を処理することになった男だったが、偶然にも息子の親友がその銃で義父を撃って逃走してしまい...........ってな、クライム・サスペンス?!

激しい銃撃戦で始まるストーリーは、転々とする一丁の拳銃の行方を軸に、敵対組織や汚職警官も加わって、挙句に猟奇殺人犯まで飛び入りして、あれやこれやの大騒ぎってね(笑)

アクションものとしては、それなりに盛り上がって楽しめるんやけど、やりすぎなエピソードがあったりで、ちょっと展開があざといかなぁっていう気はせんでもないか。

ポールくんは、相変わらずの低音ボイスで、汗水たらして頑張ってたんやけど、セクシー要素はありつつも、ヴェラくんの演技がこれではなぁ....................(笑)

映像的には工夫があって、いろいろ凝ってるのは分かるんやけど、安易なオチも含めて、作品としては、もう一息やったね。

それにしても、この邦題、なんとかならんかなぁ。明らかに“ワイルド”は別から持ってきてるし、“弾丸”は、それほど重要なアイテムでもないんやけど.......................?!(苦笑)

« 『ザ・ギフト』 | トップページ | 『溺れるナイフ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事