« 『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』 | トップページ | 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 »

2017年5月31日 (水)

『最後の初恋』

今日は、大人の恋愛ドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、原作がアメリカの人気作家のニコラス・スパークってことで、それをリチャード・ギアとダイアン・レインのベテランふたりの共演でってことで、話題になったんかな。

“ニコラス・スパークもの”と言えば、真っ先にでてくるのは『きみに読む物語』で、『メッセージ・イン・ア・ボトル』あたりも、そこそこ人気にはなってたけど、正直、それ以外の映画化作品って、それほど盛り上がってないような気が、個人的にはするんやけどね(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

最後の初恋 / Nights In Rodanthe   ★★★☆☆   (2008年)

監督:ジョージ・C・ウルフ
出演:リチャード・ギア、ダイアン・レイン、スコット・グレン、ジェームズ・フランコ、ヴィオラ・デイヴィス、キャロリン・マコーミック、テッド・マンソン、クリストファー・メローニ、メイ・ホイットマン、パブロ・シュレイバー、ベッキー・アン・ベイカー

夫と別居中の妻は、友人が経営する海辺のコテージの留守番を数日間することに。ハリケーンが接近するなか、唯一のゲストである、ちょっと訳ありの医師の世話をすることに..........ってな、中年のラブ・ストーリー?!

夫婦生活、家族、そして仕事、悩みを抱えた男女が、数日間の時間を共有することで、人生を見つめなおし、大切なものに気づくってことなんやろなぁ。

この顔ぶれで、お決まりのロマンスもの.............まぁ、展開も含めて、大筋は予想通りってことで、“ニコラス・スパーク原作”というので少々期待はしたんやけど、コテコテに作り上げられた展開には、思わずオイオイってツッコミを入れずにはおれんかった(笑)

ふたりが恋に落ちる必然性のようなものが、どうにも強く感じられないところに、リアリティが感じられず、観てる側は盛り上がらんのかもしれんね。

まぁ、そうは言っても、所詮は暇つぶしの恋愛ドラマってことで、それほど期待したらアカンわけで、これはこれで安定のレベルなのかも?!

それにしても、この邦題の意味.....................よく分からんよなぁ...........??(苦笑)

« 『ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-』 | トップページ | 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事