« 『ワイルド・バレット』 | トップページ | 『われらが背きし者』 »

2017年5月26日 (金)

『溺れるナイフ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

なんか最近、菅田くんって、えらい人気らしいね。今年だけで出演作(声も含めて)7作くらい公開されるらしく、それに大河ドラマやら何やらと、大忙しやなぁ。

経歴をチェックすると、彼もまた流行りの“元仮面ライダー”みたいで、田中裕子と共演してた『共喰い』の頃のウブな青年が、ここまでブレイクするとは、ちょっと驚きやね(笑)

監督さんは、菅田くんと同じプロダクション所属の、水谷 豊の娘の趣里くんが主演した『おとぎ話みたい』を撮った山戸くんってことで、まぁ、いろんな縁があるんかな。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

溺れるナイフ   ★★☆☆☆   (2016年)

監督:山戸結希
出演:小松菜奈、菅田将暉、上白石萌音、重岡大毅、市川実和子、ミッキー・カーチス、堀内正美、斉藤陽一郎、志磨遼平、伊藤歩夢

東京でモデルをやっていた中学生の女の子は、父親が実家の旅館を継ぐことになり、家族で海辺の田舎町に引っ越すことに。そこで同級生のエキセントリックな男の子と出会い、彼のことが好きになり..............ってなドラマ?!

東京での夢を諦めきれず、好きになった相手とも一筋縄ではいかず............ってなことで、思春期のハゲしい恋の物語を、ドラマチックに描いてってことなんやろうけど、なんやろなぁ~(苦笑)

市川くんと小松くんを母娘役でキャスティングしたってのは、なかなかオモロイとは思うんやけど、それにしても小松くんの演技がなぁ............。

彼女の演技以上にヒドイのが、まったく意味不明で方向性の定まらない演出なわけで、中途半端な音楽のチョイスも含めて、作品全体の雰囲気がガチャガチャすぎて、あまりの不協和音にイライラが募ってもうた(苦笑)

どうやら原作があるらしいから、それと比べてどうかってのは分からんのやけど、映画としては、かなり最低の部類に入る作品やったね?!

« 『ワイルド・バレット』 | トップページ | 『われらが背きし者』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事