« 『イエスタデイ』 | トップページ | 『台北ストーリー』 »

2017年6月23日 (金)

『22年目の告白-私が殺人犯です-』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、もともとはチョン・ビョンギルって監督さんが作った『殺人の告白』っていう韓国映画があって、それを今回、リメイクして作られたらしいんよ。

監督の入江くんといえば、個人的に“サイタマのラッパー”シリーズが大好きやったんやけど、なんかいつのまにかメジャー作品を撮るようになって、なんとなく少し違和感があるんよね。

というわけで、今回は主演の顔ぶれを見て、どうなんやろうって思いつつも、それなりにいい評判を耳にしたこともあり、少し期待して観た作品の感想は................?!

22年目の告白-私が殺人犯です-   ★★★☆☆   (2017年)

監督:入江 悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、仲村トオル、野村周平、石橋杏奈、平田 満、岩松 了、岩城滉一、早乙女太一、竜星 涼

身近なひとを目撃者にして、目の前で首を絞めて殺す、そんな残忍な方法で5人の犠牲者を出した連続殺人事件が発生してから22年が経過し、時効が成立したことで、突然、自分が犯人だと名乗る男が告白本を出版し、公の場に姿を現すのだが.................ってなサスペンスもの?!

突然、目の前に姿を現した殺人犯、被害者の家族たちは彼に復讐をしようとし、先輩の刑事を目の前で殺された刑事もまた、複雑な気持ちで犯人の男と向き合うが..............ってなことで、緊迫のドラマをってなとこかな。

オープニングのシーケンスがなかなか秀逸で、これはひょっとしてって期待したんやけど、最後までたどり着くと、やっぱりなんや微妙なデキやった(笑)

まず、ヒネリを加えた話はある程度までは認めるんやけど、どうにも設定に無理がありすぎるところで、ツッコミが止まらなくて.........。

それに、主役の彼、ホンマに誰か彼に言ってあげた方がエエと思うんよ、舞台の演技を映画に持ち込むなって。普通の会話で声を震わせてしゃべることで、“オレの演技ドヤ!”って言われても、失笑しか出んから(苦笑)

全体的には悪い作品ではないんやろうけど、個人的にはやっぱり...............アカンかった?!

« 『イエスタデイ』 | トップページ | 『台北ストーリー』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事