« 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 | トップページ | 『美女と野獣』 »

2017年6月 2日 (金)

『ちょっと今から仕事やめてくる』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、公式ホームページを見ると、原作は“すべての働く人が共感して泣いた”ベストセラーってことなんやけど、まぁ、中間管理職のハゲおやじにも感じるものがあるんかって思って、ちょっと気になったってわけ。

キャスティングをみても、とりあえずはイケメンで人気の若手を並べて、ちょっと下心ミエミエな作りになってるところで、不安な気持ちになったんやけど(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ちょっと今から仕事やめてくる   ★★★☆☆   (2017年)

監督:成島 出
出演:工藤阿須加、福士蒼汰、黒木 華、吉田鋼太郎、森口瑤子、池田成志、小池栄子

ブラック企業に勤めている青年は、毎日、上司からイビられ、疲れ果てて電車に飛び込もうとしたとき、小学校のクラスメートだという男に助けられるのだが....................ってなドラマ?!

営業で成績をあげられず、無能呼ばわりされて、残業を押し付けられる、そんなどん底の日々に耐えていたが、限界がきたときに偶然出会った、ちょっと風変わりで強引な男に振り回されながらも、次第にヤル気を取り戻すが...........ってなことで、どん詰まりの人生の再出発をってとこなんかな。

なんか、設定の会社のあまりのブラックぶりに、同じサラリーマンとして、観てて必要以上に苦しくなってもうたわ(笑)

作品としては、ただでさえ演技力のない福士くんが、終始、胡散臭い関西弁を話してる時点で、関西人目線でアウトやった。それに、工藤くんも、なんや薄っぺらいリアクションで演じるもんやから、まったく伝わってくるものがないんよなぁ............。

なんとなくミステリアスな体(てい)の展開も、大方、予想できてまうもんやから、特に驚きもなく、ただ、吉田おじさんの“パワハラ上司”っぷりの迫力だけが印象的な作品やった。

原作がどれほど感動的なのかは知らんけど、映画としては、とても共感して泣けるって言えるようなシロモノやなかったなぁ..........バヌアツの美しい海と星空にひとつ追加ってことで!?(苦笑)

« 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』 | トップページ | 『美女と野獣』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事