« 『淵に立つ』 | トップページ | 『ジュリエッタ』 »

2017年6月10日 (土)

『メッセージ』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、アカデミー賞の音響賞を受賞した作品をひとつ、ご紹介♪

これ、アカデミー賞では、作品賞、監督賞、脚色賞なんかにもノミネートされてて、ヴェネチア映画祭でも金獅子賞の候補作やったらしいんよ。

監督をしてるドゥニ・ヴィルヌーヴといえば、最近ではエミリー・ブラントが主演した『ボーダーライン』とかで知られてて、個人的には、何と言っても衝撃的なラストが印象的やった『灼熱の魂』なんかが好きで、ヒュー・ジャックマンがシリアスに演じてた『プリズナーズ』も評判が良かったんよなぁ。

ちなみに、ヴィルヌーヴ監督の次の作品は、ライアン・ゴズリングが主演し、ハリソン・フォードが共演する、カルト的人気のある“ブレードランナー”の新作なんやって。

というわけで、そんな作品の感想は..............................?!

メッセージ / Arrival   ★★★★   (2016年)

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マーク・オブライエン、マイケル・スタールバーグ、フランク・スコーピオン、ツィ・マー

突然に現れた謎の飛行物体に世界中がパニックになるなか、アメリカ政府は、言語学者と物理学者に飛行物体の中にいる異星人とのコミュニケーションをさせ、彼らの目的を探ろうとするのだが.................ってなSFドラマ?!

地球上の12か所に現れた異星人に対し、各国はそれぞれコンタクトをし、情報を共有しながら、まったく言葉の通じない相手とのコミュニケーションの方法を模索するが..................ってなことで、いやぁ~、なんか凄いテンションのドラマやった。

この作品が秀逸なのは、まず、しっかりとした“世界”が存在することと、音響を効果的に使いながら、ハイテンションで緊迫感を持たせつつ、観る者をグイグイとその世界に引き込むところなんよ。

冷静にみると、それほどドラマチックな展開やないんやけど、次に何かが起こるっていう期待感を適度に煽りながら、巧みに盛り上げてるんよなぁ。

そんでもって、この監督さんらしい、いつもながらの程よい“ヒネリ”で、やられたなって気分にしてくれたりして(笑)

まぁ、おそらく万人受けするような作品ではないんやけど、ただ、トータルで作品としてみたときに、この完成度の高さってのは十分に評価できるし、全部の候補作を観たわけやないんやけど、個人的にはアカデミー賞の作品賞って言われても違和感はなかったね?!

« 『淵に立つ』 | トップページ | 『ジュリエッタ』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事