« 『台北ストーリー』 | トップページ | 『ヒットマン:インポッシブル』 »

2017年6月25日 (日)

『ゴールド/金塊の行方』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、実際の事件をモチーフにしたドラマをひとつ、ご紹介♪

この作品、90年代なかばに、カナダの BRE-X MINERALS LTD. って会社が起こした、金鉱詐欺事件ってのをネタにして話を作り上げてるらしいんよ。

インドネシアのボルネオ島にある場所から、大量の金鉱が見つかったってことで、カナダの証券市場やニューヨークのNASDAQを巻き込む大騒動になったらしく、かなり大きなニュースになったんやって。

というわけで、そんな事件を時代や設定を大幅に変えて描いた作品の感想は..................?!

ゴールド/金塊の行方 / GOLD   ★★★☆☆   (2016年)

監督:スティーヴン・ギャガン
出演:マシュー・マコノヒー、エドガー・ラミレス、ブライス・ダラス・ハワード、トビー・ケベル、クレイグ・T・ネルソン、コリー・ストール、ステイシー・キーチ、ブルース・グリーンウッド

祖父の代から続く採掘会社を営む男は、事業がうまくいかず、経営危機に陥り、すがる思いでインドネシアの地質学者を訪問し、一緒に金の鉱脈を探そうと提案する。困難を乗り越え、ついに巨大な金鉱を探し当てた彼らは、投資家たちから注目を浴びるのだが................ってな実際に起こった事件をネタにしたドラマ?!

倒産寸前から起死回生の一打で成功を手にしたものの、やがて衝撃の事実が発覚し..............ってなことで、事件の中心にいた男の浮き沈み人生をってとこなんかな。

例によってマシューくんの気合いがハンパないんよ。落武者風の見事なハゲ頭に、どっぷりしたオヤジ腹を揺らして、金鉱ビジネスで弾ける男を熱演してるんよなぁ。

話としては、夢を追い続けるひとりの男と、金(かね)のナル木を求めて群がる投資家やビジネスマンの攻防を描きつつ、それに翻弄される人間模様をってところなんかもね。

“事件簿”としては、それなりに興味深いものがあったんやけど、映画の作品としては、マシューくんの演技以外には、あまり残るものはなかったかもなぁ?!

« 『台北ストーリー』 | トップページ | 『ヒットマン:インポッシブル』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事