« 『ジェーン』 | トップページ | 『過激派オペラ』 »

2017年6月 5日 (月)

『ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、コメディ系のヤツをひとつ、ご紹介♪

この作品、本国アメリカでは結構な評価やったみたいで、主演のアンディ・ガルシアはサテライト賞のコメディ部門で主演男優賞にノミネートされたらしいんよ。

監督のレイモンド・デ・フェリッタってひとは、短編映画でアカデミー賞にノミネートされたことがあるらしく、サンダンス映画祭で観客賞を受賞したこともあるんやって。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族 / City Island   ★★★☆☆   (2009年)

監督:レイモンド・デ・フェリッタ
出演:アンディ・ガルシア、ジュリアナ・マルグリーズ、エズラ・ミラー、ソミニク・ガルシア=ロリド、スティーヴン・ストレイト、エミリー・モーティマー、アラン・アーキン

俳優になる夢を諦めきれず、妻に内緒で演技教室に通う男、その娘はストリッパーのバイトをし、息子はデブ専で近所に住む巨漢の女性に夢中で............ってな秘密を抱えた家族のドタバタを描いたコメディもの?!

勤め先の矯正施設に、窃盗などの罪を犯した自分の息子がいることを知り、本人に黙って身元引受人になり、家に住まわせるが、それがキッカケで家族の秘密が明らかになり............ってな感じで、崩壊しかけの家族の再生をコミカルにってね。

夫婦の仲も冷え切り、子どもたちもバラバラ、そんな家族が“息子”の同居で大騒ぎっていう話は、それなりに楽しめるデキやったよ。

マーロン・ブランドを真似るアンディくんとか、ちょっとコアな笑いもありつつ、それなりに家族の再生を描いたりして、コメディだけでは終わらんところが好感が持てるんやろなぁ。

まぁ、それほど絶賛するようなものではないんやけど、程よく楽しめるドラマという点では、悪くないと思うんやけどね?!

« 『ジェーン』 | トップページ | 『過激派オペラ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事