« 『ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族』 | トップページ | 『シークレット・オブ・モンスター』 »

2017年6月 6日 (火)

『過激派オペラ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてる江本さんってひとは、自ら“毛皮族”っていう劇団を立ち上げて、その過激な舞台で演劇界では注目されてるみたいで、この作品も自ら書き下ろした小説を映画化したものらしいんよ。

結構な肌の露出もある作品ながら、出演者は若手の女優さんが集まってて、森田くんあたりは戦隊モノ出身で、“アイドリング”ってのでアイドル活動もしてたくらいやもんね。

というわけで、いろいろと話題を振りまいた(?)作品の感想は......................?!

過激派オペラ   ★★★☆☆   (2016年)

監督:江本純子
出演:早織、中村有沙、森田涼花、桜井ユキ、後藤ユウミ、佐久間麻由、石橋穂乃香、趣里、今中菜津美、増田有華、遠藤留奈、宮下今日子、高田聖子、安藤玉恵、岩瀬 亮、梨木智香、平野 鈴

仲間と一緒に新しく女だけの劇団を立ち上げることになった女性演出家は、出演者をオーディションし、初公演に向けて始動するのだが................ってな、明るいエロスと青春ドラマ?!(笑)

同性愛者の演出家は、オーディションで自分の好みの女を主演に抜擢し、彼女に交際を迫るが...........ってことで、エロな恋愛と演劇にかける青春をってなとこなんやろね。

“15分に1度の剝き出しの愛”ってことで、出だしからの濃厚な(?)絡みから、かなりエロに弾けてた(笑)

ただ、ジメジメしたエロというよりは、どこか明け透けで、それがエエんか悪いんかは別にして、あまり“いやらしさ”は感じなかったかな。

劇中劇にしても、どこかガチャガチャした落ち着きのなさが気にはなるものの、気持ちをぶつけてくるような、粗削り感は嫌いやなかったかも。

まぁ、どうしても話題先行な感があって、何か感情に訴えかけてくるものがあるかどうかって言われると、それほどでもなかったかなぁ...................?!

« 『ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族』 | トップページ | 『シークレット・オブ・モンスター』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事