« 『リチャードの秘密』 | トップページ | 『栄光のランナー/1936ベルリン』 »

2017年7月18日 (火)

『雨にゆれる女』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

主演の青木くんと言えば、ちょっと前に優香と結婚したってニュースで話題になったっけ。もともと、いろんな作品で脇役として、よく名前が出てくる役者さんで、映画デビューは『海猿』やったんやねぇ(笑)

監督さんは、単独での長編は、これがデビュー作ってことになるみたいなんやけど、これまでは主に映画音楽で注目されてたらしく、中国のジャ・ジャンクーや台湾のホウ・シャオシェンといった海外の監督さんの作品でも音楽を担当したりしてたんやって。

というわけで、そんな作品の感想は....................?!

雨にゆれる女   ★★★☆☆   (2016年)

監督:半野善弘
出演:青木崇高、大野いと、岡山天音、水澤紳吾、中野順二、杉田吉平、伊藤佳範、森岡 龍、地曵 豪、十貫寺梅軒、上田辰也、原田裕章、山田紗椰

心に傷を抱えた男は、周囲とはキョリを置きながら、町工場で働いていたが、同僚の男から、女を一晩、預かって欲しいと頼まれ、なかば強引に押し付けられるのだが.................ってなドラマ?!

互いにワケありな男女が、一緒に暮らすようになり、次第に惹かれあうが...............ってなことで、ちょっとミステリアスな人間ドラマをってとこなんやろね。

う~ん、まず気になってもうたのが、ヒロイン役の大野くんの演技のヘタさやった。もうボチボチ“アイドル女優”枠からはハズれそうで、女優としてひと皮剥けんとって気合いは分からんでもないんやけど、いかんせん演技が...........(苦笑)

あと、作品として、雰囲気は分からんでもないんやけど、ネタばらしをした時点で、あまりの強引さで話が崩壊してもうてる気がするんよ。

過去の因縁やら、話をドラマチックにするためのネタってのは分かるんやけど、ちょっと無理がありすぎるんと違うかなぁ。

てなわけで、オープニングでの期待値は、そのまま最後は萎んでもうた感じやったね................悪い作品ではないんやろうけど?!(苦笑)

« 『リチャードの秘密』 | トップページ | 『栄光のランナー/1936ベルリン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事