« 『ボクの妻と結婚してください。』 | トップページ | 『昼顔』 »

2017年7月 8日 (土)

『ジーサンズ はじめての強盗』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、コメディ系のヤツをひとつ、ご紹介♪

この作品、もともとは1979年に製作された『お達者コメディ/シルバー・ギャング』って映画をリメイクしたものらしいんよ。オリジナル版と、今回のリメイク版の邦題、どっちがセンスがあるかってのは、かなり難しい議論やけど...................(笑)

それにしても、マイケルおじさんにモーガンおじさん、そしてアランおじさんの3人を揃えるとは、豪華やよなぁ。3人ともアカデミー賞を受賞したことがあって、アラン&マイケルおじさんは、60年代から活躍してるわけやから、スゴいキャリアやもんね。

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

ジーサンズ はじめての強盗 / Going In Style   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ザック・ブラフ
出演:マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、アラン・アーキン、マット・ディロン、アン=マーグレット、ジョーイ・キング、ジョン・オーティス、クリストファー・ロイド、キーナン・トンプソン、ピーター・セラフィノウィッツ、マリア・ディッツィア

永年勤めた会社が、会社合併により年金の支払いを停止し、銀行からは家を差し押さえるとの通知があり、困った男は、たまたま銀行で強盗事件に居合わせたのをキッカケに、娘と孫のためにも何とかしないと、ということで、親友2人を誘い、銀行を襲うことを計画するのだが................ってな犯罪コメディ?!

体が不自由になりつつある老人3人が、奪われた年金を取り返そうと、大胆にも銀行強盗をすることになるが...............ってなことで、ベテラン俳優3人の掛け合いを活かして、コミカルかつスリリングに(?)ってとこなんかな。

個人的にマイケル・ケインのイギリス訛りの英語が大好きで、それを堪能できるだけでも、かなり満足やったんやけど、他のふたりも含めたベテランの安定感ってのは、悪くなかったね。

まぁ、話のスジとしては、“ありがち”な、かなり都合のいい感じで、いろいろとツッコミたくなるところではあるんやけど、作品のポイントは、犯罪ドラマとしてどうかってのとは違うんで、これはこれで....ってとこなんやろう(笑)

久々のスクリーンでのマット・ディロンも、なんか嬉しかったし、まぁ、このビミョーな邦題はおいといて、個人的には、お楽しみポイントの多い作品やったよ。

« 『ボクの妻と結婚してください。』 | トップページ | 『昼顔』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事