« 『栄光のランナー/1936ベルリン』 | トップページ | 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 »

2017年7月20日 (木)

『僕と世界の方程式』

今日は、BBC制作のイギリス映画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてるモーガン・マシューズってひとは、もともとドキュメンタリーでの評価が高いらしく、イギリスのアカデミー賞を受賞したこともあるみたいで、この作品も過去のドキュメンタリーをヒントに原案を考えたんやって。

主役を演じてるエイサ・バターフィールドくんは、ちょっと前に紹介した『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』にも出演してた若手で、子役からスタートして、かなり期待の有望株ってことなんかもしれんね。

というわけで、そんな作品の感想は........................................?!

僕と世界の方程式 / X+Y   ★★★☆☆   (2014年)

監督:モーガン・マシューズ
出演:エイサ・バターフィールド、レイフ・スポール、サリー・ホーキンス、ジョー・ヤン、エディ・マーサン、マーティン・マッキャン、アレックス・ロウザー、アレクサ・デイヴィーズ、ジェイク・デイヴィス、オリオン・リー

数学に関しては天才的な才能を持つが、対人コミュニケーションができない自閉症の青年は、数学オリンピックの代表候補になり、はじめての海外で合宿生活をすることに...............ってな、青春ドラマ?!

唯一、心を開いていた父親は、幼い頃に交通事故で亡くしてしまい、以来、母親とも距離を置き、自分の世界に閉じこもっていた彼は、合宿に参加することで、外の世界に触れて、徐々に変わり始めるのだが.............ってなことで、孤独な青年と周囲の関係をってね。

他人とは違う世界のなかで生きていたのが、同世代の数学好きと出会い、異国で少しずつ心に変化が生じってなことで、心の成長と新たな感情をってところなんやろね。

なんか、単に数学オリンピックを目指す感動ものってノリにせずに、そこはあくまでネタにしつつも、母子の関係や、不器用にしか生きられない彼の成長に軸を置いてるところに、好感が持てるんよなぁ。

まぁ、結論がそこでエエんかってのはあるんやけど、どんな名誉よりも、“愛こそすべて”ってことなんかなぁ..............分からんでもない!?(笑)

« 『栄光のランナー/1936ベルリン』 | トップページ | 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事