« 『ネオン・デーモン』 | トップページ | 『ゾウを撫でる』 »

2017年7月24日 (月)

『ウォー・ドッグス』

今日は、劇場で未公開の作品のなかからひとつ、ご紹介♪

これ、未公開作品ではるものの、ゴールデン・グローブ賞で主演のひとり、ジョナ・ヒルくんが男優賞にノミネートされてて、それなりに注目されたみたいなんよね。

監督さんは、コメディの“ハング・オーバー”シリーズのひとで、その絡みもあってか、ブラッドリー・クーパーが友情出演ってことなんかも。

個人的な注目は、脇役で出演のキューバー出身の女優さん、アナ・デ・アルマスくんで、以前に紹介したスペイン映画『灼熱の肌』や、キアヌ・リーヴスと共演した『エクスポーズ 暗闇の迷宮』に出演してたんやけど、今年は密かに話題になってる(?)『ブレードランナー 2049』に出演してるらしいんよ。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ウォー・ドッグス / War Dogs   ★★★☆☆   (2016年)

監督:トッド・フィリップス
出演:ジョナ・ヒル、マイルズ・テイラー、ブラッドリー・クーパー、アナ・デ・アルマス、ショーン・トーブ、ケヴィン・ポラック、パトリック・セント・エスプリト、JB・ブラン、エディ・ジェイミソン、バリー・リヴィングストン

いろいろと仕事に手を出すものの、パッとしない日々を送る男は、かつての悪友と友人の葬式で再会し、彼に誘われて武器商人となるのだが................ってな、実話を基にしたドラマ?!

米軍相手のニッチな契約で稼ぐようになった彼らは、大型案件にも参入し、コネを作って契約を勝ち取るが..............ってなことで、20代の若者たちが起こした事件の裏側をってね。

マッサージ師から武器商人に、順風満帆でイケイケな状態から、一気に窮地に、戦争を商売にする男たちの危うい現実をってなとこかな。

いつもは中途半端な笑いを振りまくジョナ・ヒルくんの悪童ぶりってのが、なかなか様になってて、ゴールデン・グローブにノミネートってのも納得できる感じで、なかなか悪くなかった。

あと、主人公の奥さん役で出演してるアナ・デ・アルマスくん、久しぶりに見たけど、やっぱりキュートやよなぁ...........(笑)

作品としては、それなりにスリリングで、波乱万丈の武器商人ライフってのを垣間見るドラマは、テンポよく楽しませてくれる内容やったよ?!

« 『ネオン・デーモン』 | トップページ | 『ゾウを撫でる』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事