« 『ブルーに生まれついて』 | トップページ | 『ジーサンズ はじめての強盗』 »

2017年7月 7日 (金)

『ボクの妻と結婚してください。』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品の監督をしてる三宅喜重ってひと、以前におススメした、“阪急電車の走る姿”でオレのハートを鷲掴みした『阪急電車 片道15分の奇跡』の監督さんなんよ。

その後、『県庁おもてなし課』『レインツリーの国』と、ちょっと巷を騒がせた某アイドル事務所の御用達の映画監督みたいになってもうてるのが残念やったんよなぁ。

というわけで、そんな監督さんの“役者のまねごと”をしてる人たちを主演させてない作品の感想は.....................?!

ボクの妻と結婚してください。   ★★★☆☆   (2016年)

監督:三宅喜重
出演:織田裕二、吉田 羊、原田泰造、高島礼子、大杉 蓮、小堺一機、眞島秀和、森カンナ、佐藤ありさ、込江海翔、大塚千弘

バラエティ番組の放送作家をしている男は、病院ですい臓ガンの診断を受け、余命数か月と言われてしまう。最愛の妻と息子のために何ができるかを考えた彼は、妻の結婚相手を探そうと計画するのだが...............ってなドラマ?!

自分がいなくなった後に、妻と息子が幸せでいられるような、人生をポジティブにするような“企画”、そんな男の最後の仕事をってね。

なかなか話のネタとしては悪くないし、難病モノでシリアスになりすぎず、コミカルな笑いを交えて感動をってのは分かるんやけど、ちょっと中途半端やったかなぁ(苦笑)

話の導入部分がオチャラケ過ぎで、リアリティを切り離したことで、なんや少しノリきらん気分になってもうたのが、アカンかったのかも。

話のオチとしても、これでよかったって言われても、個人的には、なんとなくスッキリせん気分やったりしてなぁ................?!

主演の織田くんのコミカルな部分は、それなりに上手く発揮されてはいたんやけどね。

« 『ブルーに生まれついて』 | トップページ | 『ジーサンズ はじめての強盗』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事