« 『ハーフネルソン』 | トップページ | 『スパイダーマン:ホームカミング』 »

2017年8月25日 (金)

『キセキ - あの日のソビト -』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

GReeeeNっていうバンド、人気の曲が耳に残って、レンタル屋で借りたりしたことはあるんやけど、彼らが顔見せNGで、全員が歯科医やってことくらいは知ってるものの、それ以上は前情報はなかったんよ。

出演者を見てみると、松坂くんて、戦隊モノ&仮面ライダーモノ出身のイケメン俳優枠の先駆け(?)で、今、巷でごっつい人気があるらしい菅田くんもまた、その枠の出身で、もひとりメンバーのひとりを演じてた横浜くんも戦隊モノ枠らしいんよ。

まっ、そんなどうでもエエようなネタで行を稼ぎつつ、作品の感想は.........................?!

キセキ - あの日のソビト -   ★★★☆☆   (2017年)

監督:兼重 淳
出演:松坂桃李、菅田将暉、小林 薫、麻生祐未、野間口 徹、忽那汐里、平 祐奈、成田 凌、横浜流星、杉野遥亮、奥野瑛太、早織

バンドでプロとしてデビューすることになった兄だったが、父親に反対され、家を飛び出すことに。医学部を目指していた弟は、浪人して歯科医を目指すことにし、大学で気の合う仲間たちと趣味で音楽をやるのだが..............ってな、人気バンド GReeeeN の誕生秘話を描いたドラマ?!

厳格な父親に認められたいと思いつつも、うまくいかず、弟の音楽の才能に気づいた兄は、覆面でのデビューをレコード会社に持ち掛け.............ってなことで、なんで顔出しNGで活動するのかってのが、よく分かる話やった(笑)

これ、内容としては、バンドのファンにとっては、それなりに興味深いんやろうけど、そこまで彼らに感心がない状態で観ると、父親のDVのヒドさと、ふ~ん、そうなんやっていうくらいのものしか伝わらん内容やったかも(苦笑)

彼らの音楽が、これだけ人気になって、認められてるっていうのは、確かにスゴイことなんやけど、これを映画にして、ドヤって言われても、そこまでの感動っていうのは、正直、なかったかなぁ...........?!

« 『ハーフネルソン』 | トップページ | 『スパイダーマン:ホームカミング』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事