« 『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』 | トップページ | 『物置のピアノ』 »

2017年8月21日 (月)

『グラウンドブレイク 都市壊滅』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、アルメニアとロシアの合作映画をひとつ、ご紹介♪

この作品を監督してるサリク・アンドレアシアンってひと、この作品で描かれてる地震のあった年にアルメニアで生まれたみたいなんよ。

ロシアではかなり人気の監督さんらしく、2014年製作のヘイデン・クリステンセンとエイドリアン・ブロディが共演した『クライム・スピード(原題:American Heist)』って映画で、すでにハリウッドデビューを果たしてるらしい。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

グラウンドブレイク 都市壊滅 / Zemletryasenie   ★★★☆☆   (2016年)

監督:サリク・アンドレアシアン
出演:コンスタンチン・ラヴロネンコ、ヴィクトル・ステパニヤン、マリア・ミロノーワ、タイトフ・オーヴァキミヤン、アスミック・アェクサニアン、アレヴィック・マルティロシアン

1988年12月7日に起こったアルメニア地震、マグニチュード7の揺れによりレニナカンの街は壊滅状態となり、突然の悲劇に人々は戸惑うのだが.............ってな群像ドラマ?!

幼い頃に交通事故で両親を失った青年、その事故の加害者で、8年の服役を経て、家族のもとに帰って来た男、不倫相手との間に子供を作った娘を許せない父親、それぞれ事情を抱えて生きていた人たちも、地震によって翻弄され.........ってなことで、いろいろとドラマを織り込みってとこなんやろね。

3.11を経験すると、なんや、こういう作品は、今までと違う感じで観てまうよなぁ。自然の驚異にさらされて、なすスベなく困難な状況に、なんて、いろいろと思い出したりして、ちょっと辛いやんか。

そんな複雑な気持ちになりつつも、作品として見たときに、ちょっとエピソードが強引すぎたり、盛り上げ方が中途半端やったりって部分が気になってもうたかも。

それにしても............“グラウンドブレイク”って完全な造語やと思うんやけど、どういう意味で使ってるんやろか............別の意味で悲しくなるタイトルやわ(苦笑)

« 『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』 | トップページ | 『物置のピアノ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事