« 『未来を花束にして』 | トップページ | 『僕らのごはんは明日で待ってる』 »

2017年8月10日 (木)

『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』

今日は、ドイツ映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、ドイツのアカデミー賞にあたるドイツ映画賞で作品賞、監督賞、脚本賞、助演男優賞なんかを受賞したらしく、かなり評価されたみたいなんよ。

主演のブルクハルト・クラウスナーがノミネート止まりやったってのが、個人的にはかなり驚きやったんやけど、ヨーロッパ映画賞でも男優賞のノミネートで、受賞はならなかったんやって。

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男 / Der Staat Gegen Fritz Bauer   ★★★★   (2016年)

監督:ラース・クラウメ
出演:ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、イョルク・シュタオフ、ミヒャエル・シェンク、リリト・シュタンゲンベルク、ローラ・トンケ、ゲッツ・シューベルト、ダニー・レヴィ、ルーディガー・クリンク、ゼバスティアン・ブロンベルク

ナチスの残党を追いかける検事は、かつてユダヤ人を収容所に送り込む責任者だったアドルフ・アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという情報を入手し、彼をなんとかドイツの法廷に引きずり出そうと、作戦を練るのだが.............ってな、アイヒマン逮捕に執念を燃やした実在の人物の伝記もの?!

戦時中になにが行われていたのか、そんな検証もされない戦後のドイツ社会で、ナチスの戦犯を捕まえ、歴史と向き合うことに執念を燃やす、ひとりの男とその周囲の人たちを描くドラマは、なかなか見ごたえがあったね。

なんといっても、主役のブルクハルトおじさんの熱い演技が、当時のドイツの状況をうまく語ってて、いろいろと考えさせられてもうたよ。なぜ、ドイツ政府が逮捕できずに、イスラエルで裁判がなされたのか、そんな事情も分かって、勉強になるしね。

こうやって、過去の負の歴史をしっかりと検証できるってところが、ドイツと日本の違いってことなんかもしれんなぁって、ちょっと思ってもうた?!

« 『未来を花束にして』 | トップページ | 『僕らのごはんは明日で待ってる』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事