« 『グラウンドブレイク 都市壊滅』 | トップページ | 『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 »

2017年8月22日 (火)

『物置のピアノ』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、福島県の桑折町ってところが舞台になってるらしいんやけど、原作者のひとやプロデューサーをしてるひとが福島の出身で、震災後のふるさとを想って、この作品を作ったらしい。

主演の芳根くんといえば、ちょっと賛否のあったNHKの朝ドラのヒロインを演じてたわけやけど、それよりも前に作られたこの作品には、どうやらオーディションで選ばれたらしく、もともとピアノとフルートが得意っていうあたりも役にあってたってことみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

物置のピアノ   ★★★☆☆   (2014年)

監督:似内千晶
出演:芳根京子、平田 満、小篠恵奈、赤間麻里子、渡辺貴裕、西野実見、織本順吉、長谷川初範、佐野史郎、神田香織

震災から1年が経ち、福島の桃農家で育った高校3年の女の子は、就職か進学か、卒業後の進路を決められずにいたのだが..............ってな家族ドラマ?!

3兄弟の2番目として育ったが、弟を事故で亡くしてから、姉とは微妙な関係となり、いつも物置においてあるピアノを、ひとりで弾いていたが...........ってなことで、過去と現在、そして未来と、複雑な心情に揺れる女の子を通して、福島の現状と家族を考えるってとこなんかな。

主演の芳根くんは、この作品が初主演映画ってことやったみたいで、演技のほうは、ちょっとぎこちなくて平板で、メリハリのなさが目に付くんやけど、なるほど、時おり見せる表情や雰囲気は、ハッとさせるものがあったよ。

震災前と震災後で、福島のひとたちの暮らしや気持ちがどう変わったかってのが話のテーマになってるわけやけど、こうやって考えると、原発によって、ホンマに取り返しのつかないことをしてもうたんやなぁって思うよね。

一見すると何も変わらない暮らしや風景でも、確実に失われてもうたものがあって、それがこの世代のひとが次の世代に残してもうた負担なんやって考えたら、なんか、やるせないよなぁ.........?!

« 『グラウンドブレイク 都市壊滅』 | トップページ | 『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事