« 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 | トップページ | 『なつやすみの巨匠』 »

2017年9月11日 (月)

『ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、サスペンスものをひとつ、ご紹介♪

これ、サウス・バイ・サウスウェスト映画祭っていう、そこそこ知られたイベントで観客賞を受賞したらしく、アメリカの人気映画批評サイトで絶賛されてるって聞いて、かなり期待してたんよ。

監督のグレッグ・クウェダーってひとは、もともと短編映画の監督やプロデューサーをしてるひとみたいで、どうやらこの作品が長編デビューってことになるらしいんよ。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ザ・ボーダーライン 合衆国国境警備隊 / Transpecos   ★★★☆☆   (2016年)

監督:グレッグ・クウェダー
出演:ジョニー・シモンズ、ガブリエル・ルナ、クリフトン・コリンズ・Jr

メキシコとの国境を監視する国境警備隊で働く男たちは、いつもと変わらないある日、一台の車が検問所で不審な動きをしたことで、思わぬ事態に巻き込まれることになり.................ってなサスペンスもの?!

車に積まれた大量の麻薬、取り締まるハズの警備隊のなかに、カルテルとの内通者がいて、一緒に働いてた同僚が銃を取り.............ってことで、メキシコとアメリカの国境で繰り広げられる麻薬の密輸をテーマにしてってね。

なるほど、ドラマとしては、なかなか緊迫感があって、飽きさせないものがあるんやけど、話の内容としては、思ったほど新鮮味もヒネリもなく、ストレートにクライム・サスペンスをってとこなのかも。

アメリカの有名批評サイトで絶賛っていうウリで期待したもんやから、どこかワクワクさせるものがあるんかと思ったんやけど、意外と普通やったのが、かえってマイナスな印象になってもうたよ(苦笑)

まぁ、十分に楽しませてくれるし、悪い作品ではないとは思うんやけど...............ボチボチかなぁ?!

« 『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』 | トップページ | 『なつやすみの巨匠』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事