« 『なつやすみの巨匠』 | トップページ | 『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 »

2017年9月13日 (水)

『ストロングマン』

今日は、ギリシャ映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、本国ギリシャだけやなく、インデペンデント・スピリット賞の外国語映画賞にノミネートされたり、他の国の映画祭なんかでも、いろいろと高評価やったらしいんよ。

監督さんは女性のひとなんやけど、以前の作品でヴェネチア映画祭で賞をもらったりしてて、ギリシャ期待の女性監督なんやって。

ちなみに、この作品、レンタルのタイトルには“最低男の男気大決戦!!”っていう、お茶目な邦題が付いてるんやけど、相変わらずヒドイもんやよなぁ(苦笑)

というわけで、そんな作品の感想は..........................?!

ストロングマン / Chevalier   ★★★☆☆   (2015年)

監督:アティナ・ラヒル・ルァンガリ
出演:ヨルゴス・ケンドロス、ヴァンゲリス・ムリキス、サキス・ルヴァース、ヨルゴス・プルパソプロス、パノス・コロニス、マキス・パパディミトリウ

クルーザーで船旅を楽しむ男たちは、ひょんなことから誰がイチバン“いい男”かを決めよう、という話になり、それぞれが考えたゲームや日常の行動で、互いに相手を審査することになったのだが...............ってなドラマ?!

寝相やったり、コレステロール値やったり、勃つかどうかやったり、どうでもいいようなことに夢中になって他と張り合う男たちの姿を、客観的に眺めてってとこなんかな。

一応コメディってことらしいんやけど、なにか腹を抱えて爆笑するような内容やなくて、男の虚栄心を透かして見ながら、なんてアホなんやろうって“しみじみ”と思う、そんなシュールなドラマやったよ。

そういう意味で、男のくだらない意地や見栄、とにかく一番になろうとする姿を、じっくりと観察するというスタンスでいくと、それなりに興味深いかもしれんけど、なにかスゴイ笑いを求めて観ると、あまりにも淡々とした流れから、肩透かしをくらってまうんやろなぁ(苦笑)

男の視点で言うと、なんと浅はかなってことになって、女の視点で言うと、そんな男たちの無邪気さがってことに............なるんやろか??

« 『なつやすみの巨匠』 | トップページ | 『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事