« 『裏切りの街』 | トップページ | 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』 »

2017年9月30日 (土)

『ベニスに死す』

今日は、イタリアとフランス合作の名画をひとつ、ご紹介♪

この作品、70年代初めに作られたものなんやけど、あまりにも耽美的な作品ということで、未だに多くの映画ファンの心を掴んで離さない魅力があるらしいんよ。

作品自体は、アカデミー賞で衣装デザイン賞にノミネートされたほか、英国アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞にノミネートされ、撮影賞や美術賞、音響賞を受賞したらしい。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

ベニスに死す / Morte A Venezia   ★★★☆☆   (1971年)

監督:ルキノ・ヴィスコンティ
出演:ダーク・ボガード、ビョルン・アンドレセン、シルヴァーナ・マンガーノ、マーク・バーンズ、ノラ・リッチ、ロモロ・ヴァリ、キャロル・アンドレ、マリサ・ベレンソン、フランコ・ファブリッツィ

イタリアのベニスにあるホテルにやって来た作曲家の男は、そこで若く、美しい少年と出会い、その完璧なまでの“美”に心奪われるのだが...............ってなドラマ?!

あまりの美しさに、思わず触れてみたい、自分のものにしたいという欲求に支配されそうになりながら、一方でそれを許さない理性、その間(はざま)でもがき苦しみ、やがて心のバランスを失っていく様を描くってなとこかな。

いい年をしたオヤジが、若くて美しい少年に心を奪われ、徐々に自分を見失っていく様ってのが、なんとも滑稽で、それでいて哀しいんよなぁ。まぁ、やってることは、今で言うと完全なストーカーやからね(笑)

ちょっとドラマとしては、展開に“まったり”な感じがあるように思うんやけど、こだわりのカットや効果的な音楽の使い方に、監督さんの思い入れがにじみ出てるようで、確かに儚い美しさを映した映画って言えるのかもなぁ.......................!?

« 『裏切りの街』 | トップページ | 『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』 »

名画のススメ」カテゴリの記事