« 『ウーナ 13歳の欲動』 | トップページ | 『マリア・カラスの真実』 »

2017年9月19日 (火)

『猫侍』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

いやね、別に先日紹介した『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』を観て、猫が好きになったとかではなくて、もともと犬派としては、それほどのこだわりはないんやけど、前からちょっと気になってた猫と侍のコラボ(?)を鑑賞してみたよ(笑)

この作品で監督をしてる山口くんは、どうやらあの三池崇史のもとで助監督をしながら、監督修行をしてたらしい..................って聞くと、なんや無性に不安感を覚えるのはオレだけやろか。

なんてことを考えつつ、TVドラマ版をまったく知らないまま、とりあえず鑑賞してみた作品の感想は..........................?!

猫侍   ★★★☆☆   (2013年)

監督:山口義高
出演:北村一輝、蓮沸美沙子、寺脇康文、津田寛治、横山めぐみ、浅利陽介、戸次重幸、温水洋一、深水元基、駒木根隆介、斎藤洋介、小野寺 昭、洞口依子、岩田月花

加賀藩で剣術指南役をやっていたが、ワケあってクビになり、浪人となった男は、江戸で働き口を探していたが、町を牛耳っていた2つのグループが“犬派”と“猫派”で争っていたのに巻き込まれた男は..............ってな時代劇子コメディ?!

犬派の依頼で猫派の猫を暗殺に向かうが、愛くるしい姿を見て殺せなくなり、同居するようになり............ってなことで、コテコテの濃いキャラを演じる北村くんのインパクトを利用してってね。

まぁ、これ、北村くんをキャスティングした時点で、もう十分なわけで、ある意味、少しズルいよなぁ(笑)

無骨な浪人侍と白い猫、そのギャップのありまくるビジュアルと、ユルすぎる関係、なんという安定感なんやろね。

くだらない内容にも、そこそこの脇役が集まって、これはこれで“アリ”やなぁって思ってまうやんか?!(笑)

« 『ウーナ 13歳の欲動』 | トップページ | 『マリア・カラスの真実』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事