« 『ダンケルク』 | トップページ | 『14の夜』 »

2017年10月 9日 (月)

『マクラーレン ~F1に魅せられた男~』

今日は、劇場で未公開の作品のなかから、ドキュメンタリーをひとつ、ご紹介♪

F1レースでマクラーレンと言えば、ホンダのエンジンを積んで、アラン・プロストとアイルトン・セナがマルボロ・カラーのマシンでかっ飛ばしてたのを覚えてるんよ。日本グランプリでのふたりのバトルは、テレビ中継で見てたよなぁ。

作品を監督してるロジャー・ドナルドソンといえば、ニュージーランド出身の監督さんで、アンソニー・ホプキンスを主演にして、世界最速に挑んだ実在のニュージーランド人を描いた『世界最速のインディアン』って作品を撮ったひとなんよ。

というわけで、そんな作品の感想は..............................?!

マクラーレン ~F1に魅せられた男~ / Mclaren   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ロジャー・ドナルドソン
出演:ブルース・マクラーレン、マリオ・アンドレッティ、テディ・メイヤー、デニス・ハルム、クリス・エイモン、パティ・マクラーレン

幼い頃からレースに夢中だったニュージーランドの青年は、自らの手でチャンスをつかみ、ヨーロッパでプロのレーサーとしてのキャリアをスタートさせるのだが.................ってな、マクラーレン・レーシングの創業者を描いたドキュメンタリー?!

抜群の才能と尽きない探求心で、仲間とともにレース界で活躍した、ひとりの男の歩みを、彼の周囲のひとたちの証言をまとめて映し出すんよ。

それほどF1にはハマってなくても知ってる“マクラーレン”っていうのが、ひとりのレーサーの名前やったってのを初めて知ったのと、その彼が必死に掴みとろうと奮闘したこと、そんな彼を仲間たちがどう見てたのかってのが、よく伝わる内容やった。

自ら仲間と一緒にマシンを作り、フォードやフェラーリを相手に、それで優勝してしまう、なんともスゴイ話やんね。

彼の人柄や思いの強さが周囲に伝わり、今もなおレース界でトップを争うチームの礎ができたんやなぁって思ったよ?!

« 『ダンケルク』 | トップページ | 『14の夜』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事