« 『アメリカン・ヒーロー』 | トップページ | 『イップ・マン 継承』 »

2017年10月31日 (火)

『スレイブメン』

今日は邦画をひとつ、ご紹介♪

最近、なんか物足りないなぁって思ったら...................“B級映画の巨匠(?)”井口監督の作品を観てないんやって思ったら、たまたまレンタル屋で手にした新作がそうやったもんやから、少し驚きながら(?)、迷わずレンタルしてみたんよ(笑)

井口作品といえば、基本的にくだらないんやけど、侮れないのは、今や郵政のCMにまで出てる荒川良々を主演させたり、すっかりイケメン枠で人気(?)の斎藤 工のブレイクのキッカケ(だったかどうか、微妙な感もあるが.....)だったりするんよなぁ。

というわけで、今回もどうやらライダーもの出演者を主役に抜擢ってことで、選ばれて嬉しいかどうかは別にして、そんな注目もあったりする作品の感想は.....................?!(笑)

スレイブメン   ★★★☆☆   (2016年)

監督:井口 昇
出演:中村優一、奥田佳弥子、津田寛治、杉原勇武、杉原勇武、阿部亮平、小田井涼平、柳 杏奈、寺田安裕香、火野蜂三、渡部龍平、松井 望、味岡ちえり、岩永洋昭

冴えない人生を送る気弱な青年の夢は、映画を撮ることだったが、ある日、路上でティッシュ配りをする女の子に一目惚れし、自分の映画に出て欲しいと頼もうとするのだが.............ってな“B級”ヒーローもの?!

ヘタレ男は、たまたま手にしたマスクをかぶると、不思議な力を手にすることになり、好きになった彼女をなんとか守ろうとするが..............ってな感じで、出だしからコテコテにB級感を漂わせるあたり、さすがは井口くんやわぁって、ちょっと嬉しくなってもうた(笑)

毎回のように当たり前に出演してて、すっかり常連の津田くんが、今回も楽しそうに参加してるのを見てると、なんや微笑ましくなるやんか。

ツッコミどころ満載のユル~いストーリーを流してみてると、思わぬヒネリが加えられてたりして、ちょっと意外やったかな..........まぁ、B級であることに変わりはないんやけど(苦笑)

完全に井口くんの“B級節”の中毒になってるひとにはエエんやけど、これ、それ以外には需要はないかもなぁ...............なんて?!

« 『アメリカン・ヒーロー』 | トップページ | 『イップ・マン 継承』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事