« 『一週間フレンズ。』 | トップページ | 『ダンケルク』 »

2017年10月 7日 (土)

『僕のワンダフル・ライフ』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、犬が主人公の映画をひとつ、ご紹介♪

犬派か猫派かって聞かれて、迷わず“犬”って即答する者としては、昨今の“猫ブーム”には、正直ちょっと複雑な気分やったんよなぁ..............まぁ、別に猫に罪はないんやけど(笑)

そんな時に、あの大好きなラッセ・ハルストレム監督が犬の映画を撮ったって聞くと、そりゃ気持ちの高ぶりを覚えるやんか。しかも、かなり泣けるなんんてコメントを耳にすると、否が応でも期待してまうやんね。

というわけで、そんな作品の感想は........................?!

僕のワンダフル・ライフ / A Dog's Purpose   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ラッセ・ハルストレム
出演:K・J・アパ、ブリット・ロバートソン、ジョン・オーティス、ジュリエット・ライランス、デニス・クエイド、ペギー・リプトン、ブアイス・ガイザー、プーチ・ホール、ルーク・カービー、ガブリエル・ローズ、ローガン・ミラー、(声の出演)ジョシュ・ギャッド

子犬の頃に死にそうなところを助けてもらい、それ以来ずっと彼の成長とともに一緒に生きてきた犬だったが、やがて老犬となって死ぬが、また別の犬となって生まれ変わり..............ってな犬と人の関係を描いたドラマ?!

強い絆で結ばれた、かつての飼い主を忘れられないまま、また別の命で新たな飼い主と関係を築きつつも................ってことで、犬の“胸の内”を呟きながら、犬の視点から見た生活をってな感じかな。

出会いと別れを繰り返しながらも、犬としての幸せとは何かってことを考えながら、コミカルかつハートウォーミングにってとこなんやろなぁ。

出てきた犬がどれもキュートな表情を見せてくれて、その姿を見てるだけで、ある程度の満足感を得られるとなると、なるほど犬好きには“たまらん”作品なんやろね(笑)

そっと飼い主の人生に寄り添う、そんな犬の良さってのが存分に出てるあたり、監督さんの“優しさ”が映像に出てて、それが評価されてるんやろうとは思いつつも、犬の声がどうも“シックリ”こなかったのか、ちょっとコミカルさに比重が置かれすぎたのか、期待したほど涙腺を刺激する感じやなかったんよなぁ...........(苦笑)

それでも、かつて飼ってた愛犬のことを思い出したりして、ちょっとセンチメンタルな気分になってもうたりしてね。真っすぐ見つめる犬の澄んだ瞳ってのが、どうにも愛おしいんやろなぁ............?!

« 『一週間フレンズ。』 | トップページ | 『ダンケルク』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事