« 『くも漫。』 | トップページ | 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 »

2017年10月25日 (水)

『王様のためのホログラム』

今日は、トム・ハンクスの新作をひとつ、ご紹介♪

監督のトム・ティクヴァといえば、ドイツ出身のひとで、赤い髪の女の子が走り回るっていう、なかなかエッジの効いた『ラン・ローラ・ラン』って作品で世界中の注目を集めて、人気になったんよね。

監督業は久しぶりで、前作はウォシャウスキー姉弟と共同でメガフォンを取った『クラウド アトラス』って作品で、そこで主役を演じてたのがトム・ハンクスやったんよ。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

王様のためのホログラム / A Hologram For The King   ★★★☆☆   (2016年)

監督:トム・ティクヴァ
出演:トム・ハンクス、アレクサンダー・ブラック、サリタ・チョウドリー、ベン・ウィショー、トム・スケリット、シセ・バベット・クヌッセン、トレーシー・フェアウェイ、ジェーン・ペリー

かつて自転車メーカーの取締役だった男は、IT企業に転職し、サウジアラビアの国王に最新の会議システムを売り込むよう命じられるのだが、現地では様々なトラブルが起こり...............ってな人生ドラマ?!

結婚生活も破綻し、娘に辛い思いをさせていることを心苦しく思っている男は、仕事もうまくいかず、異国の地でストレスを抱え込むが、そこで出会った人たちとの交流をキッカケに、徐々に変化が..............ってことで、人生ドン詰まりの状況から、新たな一歩をってとこなんやろね。

苦境のなかから、前に踏み出すことで、新たな希望がってところで、話としては悪くないんやろうけど、内容的にはちょっと安易で、思ったほど“深み”を感じられへんかったんよ。

トムくん主演ということで、安定感っていうはプラスかもしれんけど、逆に新鮮味に欠けるってところが影響してるんかもしれんなぁ................?!

人生に迷ったときに、思い切って異文化のなかで考えを変えるってのは、自分も経験あるけど、案外、間違ってないのかも?(笑)

« 『くも漫。』 | トップページ | 『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事