« 『クィーン』 | トップページ | 『ママは日本へ嫁に行っちゃだめと言うけれど。』 »

2017年11月27日 (月)

『グリーンデイズ』

今日は、劇場で未公開の作品をひとつ、ご紹介♪

監督のトミー・ベアテルセンってひとは、どうやら役者からキャリアをスタートしたらしく、短編を何作か作ったあと、これが長編デビュー作ってことになるらしい。

この作品で主役のひとりを演じてるトム・フェルトンといえば、あのハリー・ポッターのシリーズで、ダニエル・ラドクリフのライバルのドラコ・マルフォイ役を演じてたひとなんやけど..............えらいオヤジになってたね(笑)

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

グリーンデイズ / Feed   ★★☆☆☆   (2017年)

監督:トミー・ベアテルセン
出演:トローヤン・ベリサリオ、トム・フェルトン、ベン・ウィンチェル、ポーラ・マルコムソン、ジェームズ・レマー、ウィリー・ガーソン、コートニー・ヘンゲラー、アダム・シャピロ、デヴィッド・ウォーショフスキー

いつも一緒の仲の良い双子の高校生の兄妹は、パーティーの帰り道に、車で口論となり、その直後に交通事故となり、運転していた兄が亡くなってしまう。残された妹は、最愛の兄を失い、茫然自失の日々を送るが、ある時から、兄が目の前に現れ、語り合うようになり..........ってなドラマ?!

いつも側にいた兄が亡くなり、そしてまた現れる、戸惑いながらも次第に自らが作り出した幻影に支配されていく彼女は、拒食症になり...........ってなことで、喪失と再生の話ってとこなんかな。

大切なひとを失い、悲しみから這い出るために、自らのなかで新たな彼を生み出し、苦悩する、話としては分からんでもないんやけど、そもそものところで、高校生って設定の主人公を、ふたりとも30代の役者にやらせる時点で、ちょっとどうかと思うやんね(苦笑)

明らかに10代には見えないところで、話がスンナリ入ってこなくて、個人的には、どうにも受け入れられなくて、アウトやったわ。

明らかにB級なところで、まったく原題や内容と合わない、意味不明な“グリーンデイズ”なんてカタカナ邦題を付けたあたり、売る側もちょっとヤケになってもうたんかなぁ.............(笑)

« 『クィーン』 | トップページ | 『ママは日本へ嫁に行っちゃだめと言うけれど。』 »

それ、ちょっと...」カテゴリの記事