« 『スレイブメン』 | トップページ | 『疑惑のチャンピオン』 »

2017年11月 1日 (水)

『イップ・マン 継承』

今日は、香港の伝記映画をひとつ、ご紹介♪

あのブルース・リーの師匠だった武術の達人イップ・マン、そんな男の半生を描いたシリーズの第3弾がこれなんよ(てっきり2部作と思ったら、続きがあったんやね.............)。

1作目の『イップ・マン 序章』と2作目の『イップ・マン 葉問』では、あのサモハン・キンポーがアクション監督をしてたんやけど、今回はジャッキー・チェンの初期の名作の『蛇拳』『酔拳』の監督をしてたユエン・ウーピンに交代したらしい。

ちなみに、この作品、ゲスト出演で、あの元ヘビー級チャンピオンのマイク・タイソンが出演してるんやけど、オープニングのクレジットを見ると、漢字表記が“泰臣”ってなってた(笑)

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

イップ・マン 継承 / 葉問 3   ★★★☆☆  (2016年)

監督:ウィルソン・イップ
出演:ドニー・イェン、リン・ホン、マックス・チャン、マイク・タイソン、ケント・チェン、パトリック・タム、カリーナ・ン、レオン・カーヤン、ルイス・チョン、ベイビージョン・チョイ、チャン・クォックワン

香港に移住して、妻と息子と幸せに暮らしながら武術を教える詠春拳の達人だったが、息子の通う小学校の土地を狙う不動産会社のオーナーが、手下を使って嫌がらせをしだし................ってなアクションもの?!

息子の学校を地上げ屋から守ろうと頑張るイップ・マン、そんな彼の妻の体調に異変が................ってことで、武術の達人のキレキレのアクションと、家族ドラマをってとこなんかな。

いやぁ、このシリーズで見せるドニーくんの動きが、相変わらずみごとなんよ。一部、ワイヤーアクションを使ってるあたりがどうかってのはあるものの、まさに達人ぶりを見せるカンフーには、思わず見入ってまうよね。

作品としては、アクションで魅せながら、妻との関係、同じ高みを目指す武術家同士の至極のファイトと心の交流、そこにオマケでマイク・タイソンまで付いて、なかなか楽しませてもらったよ(笑)

« 『スレイブメン』 | トップページ | 『疑惑のチャンピオン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事