« 『ブラッド・ファーザー』 | トップページ | 『サクラダリセット 前篇』 »

2017年11月 9日 (木)

『ノー・エスケープ 自由への国境』

今日は、メキシコとフランスの合作映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、メキシコのアカデミー賞にあたるアリエル賞ってので作品賞にノミネートされたらしく、他にも監督賞や助演男優賞にもノミネートされ、トロント国際映画祭では賞をもらったりしたみたいなんよ。

監督をしてるホナス・キュアロンくんは、名前でお気づきのとおり、『ゼロ・グラビティ』やハリー・ポッターシリーズで監督をしてたアルフォンソ・キュアロンの息子さんなんやね。

というわけで、そんな作品の感想は......................?!

ノー・エスケープ 自由への国境 / Desierto   ★★★☆☆   (2015年)

監督:ホナス・キュアロン
出演:ガエル・ガルシア・ベルナウ、ジェフリー・ディーン・モーガン、アロンドラ・イダルゴ、マルコ・ペレス、ディエゴ・カターニョ

メキシコからアメリカに密入国しようとする一行は、国境を越えたところで、銃を持った男に襲撃され、ほとんどが射殺されてしまう。生き残った数名は、なんとか逃げようと走るのだが..............ってな、サバイバル・アクションもの?!

アメリカに行くことを夢見て、砂漠地帯を歩く者たちを、突然に襲った銃弾、執拗にメキシコ人を狙う男と、逃げる者たちの攻防が................ってことで、ハゲしいバトルが繰り広げられるんよ。

闇雲に命を狙われる恐怖ってのは、なかなか伝わってくるんやけど、“狩り”と言いながら、なぜ、そこまで執拗にってのが、イマイチ伝わらんもんやから、話としての深みってのが感じられへんのよなぁ(苦笑)

ちょっとワイルドなガエルくんが、歯を食いしばって頑張るあたりは、個人的には十分、楽しめるんやけど、作品全体としては、もうひとつ盛り上がりに欠けたかもね?!

« 『ブラッド・ファーザー』 | トップページ | 『サクラダリセット 前篇』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事