« 『イップ・マン 継承』 | トップページ | 『ReLIFE リライフ』 »

2017年11月 2日 (木)

『疑惑のチャンピオン』

今日は、イギリスの映画をひとつ、ご紹介♪

昔はよく、テレビで中継されてたツール・ドーフランスを観てたんよ。山道を必死の形相でペダル踏みながら、ハゲしくバトルする男たちに、なんか熱くなったやんね。

高校の時は、家から学校までチャリンコ通学で、少し山岳コースみたいにアップダウンがあったもんやから、よくプロレーサーみたいな気分で、汗だくになりながら走ったのを思い出すわ(笑)

なので、憎たらしいほど強かったランス・アームストロングの存在は、素直にスゴイって思ったんやけど、それがドーピングによるものやって知らされたときは、えらいショックやったなぁ。

そんな自転車への思い入れを懐かしく思いつつ観た作品の感想は......................?!

疑惑のチャンピオン / The Program   ★★★☆☆   (2015年)

監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:ベン・フォスター、クリス・オダウド、ジェシー・プレモンス、ギヨーム・カネ、ダスティン・ホフマン、リー・ペイス、ドゥニ・メノーシュ、エレイン・キャシディ、ローラ・ドネリー、ピーター・ワイト、エドワード・ホッグ

若くして頭角を現し、ツール・ド・フランスに出場した男は、ガンにより生存確率50%と宣告されるも、奇跡の復活を果たし、その後、前人未到のツール・ド・フランス7連覇を達成するのだが............ってな、ランス・アームストロングの薬物疑惑をめぐる事件を描いたドラマ?!

過酷なレースを走りぬき、勝利を手にするために、禁止薬物に手を出す男と、そんな彼の“偉業”に疑問を抱き、取材を進めるジャーナリスト、自転車レース界を騒がせた事件の裏側は......ってなことで、疑惑を糾弾したジャーナリストの手記をベースにしてるらしい。

困難を克服し、厳しいレースで栄光を掴む、夢のような“ヒーロー”の実像、そんなものを見てると、薬物に手を出す気持ちも分からんでもないと思いつつも、スポーツマンとしてアカンよなぁって思ったよ。

スポンサーやら何やらと、いろいろと利権が絡んだりして、純粋なスポーツの精神ってのがけがされてる、それが自転車競技のような気がするね。

当時は、中継を見たり、記事を目にして、スゴイなぁって思ったんやけど、それが偽りの栄光やったって知ると、騙された気がするし、やっぱり複雑な気持ちになるよなぁ........?!

« 『イップ・マン 継承』 | トップページ | 『ReLIFE リライフ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事