« 『追憶』 | トップページ | 『ブレードランナー』 »

2017年12月23日 (土)

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

今日は、SFアクションものをひとつ、ご紹介♪

この作品、元ネタは「攻殻機動隊」っていう、アニメでシリーズ化もされている日本の人気漫画を、ハリウッドで実写化したものなんやってね。

監督のルパート・サンダースってひとは、イギリス出身なんやけど、ちょっと前に『スノーホワイト』って映画で、白雪姫をアクション映画にして話題になったんやけど、実は、作品の内容以上に、主演のクリステン・スチュワートと不倫してたってことで注目されたんよなぁ(笑)

というわけで、そんな作品の感想は...................?!

ゴースト・イン・ザ・シェル / Ghost In The Shell   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ルパート・サンダース
出演:スカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ピルー・アスベック、チン・ハン、ビートたけし、マイケル・カルメン・ピット、ラザラス・タトゥーリー、ピート・テオ、桃井かおり、ピーター・フェルディナンド、福島リラ、ダヌーシャ・サマル、泉原 豊

ロボット化した肉体に脳だけを移す肉体の義体化が進んだ世界で、公安警察の捜査官として働く女もまた、事故によって肉体を失い、脳だけ生き残り、高度に義体化されていたのだが...........ってなSFもの?!

謎の男によるサイバーテロによって、義体化を進める企業の幹部が次々と殺され、犯人を追いかける公安だったが、事件には彼女の“過去”がかかわっており..........ってなことで、アクションもまじえってとこなんかな。

元ネタをまったく知らないんで、これだけを作品として観ると、それなりに楽しめるモノに仕上がってたんと違うかな。主演にスカヨハをキャスティングしたことで、まぁ、彼女のボディラインを活かしてってあたりは、確かにビミョーに男心をくすぐってるんやろね(笑)

CGと実写の合わせ技ってところでは、アナログな人間から言わせると、ちょっとどうなんやろうって思わんでもないんやけど、まぁ、それも時代の流れなのかも..............?!

監督さんは、前回は“大人の事情”で続編の監督をさせてもらえなかったわけやけど、今度こそはできるかな...................スカヨハに手を出してなければやけど..................(苦笑)

« 『追憶』 | トップページ | 『ブレードランナー』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事