« 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 | トップページ | 『狂覗』 »

2017年12月 4日 (月)

『盗聴者』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、フランスとベルギーの合作映画をひとつ、ご紹介♪

この作品で主役を演じてるフランソワ・クリュゼと言えば、数年前に大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』で体の不自由な富豪役を演じてたひとで、フランスではベテランの役者さんなんよ。

監督さんは、これまでに短編を1作作ってたらしく、どうやらこの作品が長編デビューになるらしく、期待の新星ってとこなのかもね。

というわけで、そんな作品の感想は................?!

盗聴者 / La Mecanique De L'ombre   ★★★★☆   (2016年)

監督:トマス・クライトフ
出演:フランソワ・クリュゼ、サミ・ブアジラ、ドゥニ・ポダリデス、アルバ・ロルヴァケル、シモン・アブカリアン

アルコール中毒で仕事を失った男は、断酒して社会復帰しようと仕事を探すが、ある日、政府関係者という男から、盗聴したテープを原稿に起こす仕事をしないかと、オファーを受けるのだが................ってなサスペンスもの?!

決められたアパートの一室で、毎日、決められた時間のなかで、機械的に盗聴した録音テープの内容をタイプする、そんな仕事をしながら、ある日、テープの内容が新聞に書かれた事件に関わっていることに気づき............ってなことで、なかなかスリリングな犯罪ドラマが展開するんよ。

主演のフランソワおじさんの、戸惑いながらも、事件に巻き込まれる男の苦悩を漂わす演技は、なかなかの味わいやった。

無職の冴えない中年オヤジが、気づいたら政治的陰謀にかかわっていた、そんな展開は、ちょっと現実離れしてはいるんやけど、それを上手く納得させるだけの雰囲気があったね。

こういう“陰謀もの”(そんなジャンルがあるかどうかは別にして.....)が好きなものには、たまらん一品やった?!(笑)

« 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』 | トップページ | 『狂覗』 »

お・ス・ス・メ!」カテゴリの記事