« 『サン・ジャックへの道』 | トップページ | 『二重性活 女子大生の秘密レポート』 »

2018年1月14日 (日)

『キングスマン:ゴールデン・サークル』

今日は、劇場で公開中の話題作をひとつ、ご紹介♪

これ、大ヒットした『キングスマン』の続編ってことで、前作のスタイリッシュでかつ独特のイギリス的ユーモアを出しつつ、グイグイとアクションで攻めてくる感じにハマった者として、心待ちにしてたんよなぁ。

監督のマシュー・ヴォーンは、『キックアス』の時は、1作目は監督して、同じように大ヒットして続編を作ったものの、自分は監督せずに製作にまわったわけやけど、今回は続編も自分で監督してってあたりに、ちょっと気合いを感じてたりして(笑)

というわけで、そんな作品の感想は..................?!

キングスマン:ゴールデン・サークル / Kingsman : The Golden Circle   ★★★☆☆   (2017年)

監督:マシュー・ボーン
出演:タロン・エガートン、コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、マーク・ストロング、ジェフ・ブリッジス、チャニング・テータム、ハル・ベリー、ペドロ・パスカル、エルトン・ジョン、エドワード・ホルクロフト、ソフィー・クックソン、ハンナ・アルストロム、ブルース・グリーンウッド、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン

ロンドンにある独立系の諜報機関である“キングスマン”は、麻薬組織による攻撃のターゲットとなり、ほとんどのエージェントと拠点を破壊されて、壊滅状態に。残されたメンバーは、アメリカのケンタッキーに行き、同じく独立系の諜報機関である“ステイツマン”に協力を求めるのだが.................ってなアクションもの第2弾?!

イギリス紳士がアメリカに乗り込み、カウボーイの手を借りて、悪党と対峙しながら、敵の陰謀を阻止しようとするのだが............ってなことで、今回もユーモアを織り交ぜつつ、ハゲしいアクションでね。

大ヒット作の続編ってことで、それなりに難しさはあったんやろうけど、とりあえずは、派手めのアクションでグイグイと攻めつつ、ノリを重視してってことなんやろうけど、正直、少し物足りなさがあったかなぁ。

個人的には、イギリス的なスパイアクションが好きなもんやから、今回はちょっとアメリカンな要素が加わったことで座りの悪さがあって、もうひとつ乗りきらんかった。

それなりにアクションはあるものの、前作ほどの勢いがなく、途中まで、少しカッタルさがあったのが、残念やったかも。

まぁ、この作品単体で評価すれば、アクション映画としては悪くないんかもしれんけど、前作ができすぎてたってのがあって、観る側が勝手にハードルを上げてもうたのか、少し残念な感が拭えんかったかな?!

« 『サン・ジャックへの道』 | トップページ | 『二重性活 女子大生の秘密レポート』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事