« 『トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー』 | トップページ | 『モーツァルトとクジラ』 »

2018年1月23日 (火)

『長い散歩』

今日は、ちょっと前の邦画をひとつ、ご紹介♪

この作品、監督をしてるのがベテラン俳優の奥田瑛二で、3作目の監督作は、自らの原案を奥さんの安藤和津、娘の安藤桃子と安藤サクラなんかが共同で脚本を書いてるらしいんよ。

映画は2本目の松田家の次男坊をキャスティングしつつも、ベテランの緒方 拳や津川雅彦を贅沢に集めて、気合いの作品ってとこなんかな。

というわけで、そんな作品の感想は.........................?!

長い散歩   ★★★☆☆   (2006年)

監督:奥田瑛二
出演:緒形 拳、高岡早紀、杉浦花菜、松田翔太、木内みどり、津川雅彦、奥田瑛二、原田貴和子、大橋智和

妻に先立たれた元高校の校長先生は、移り住んだアパートに母親に虐待される女の子がいた。見るに見かねて、女の子の手を引き、旅に出るのだが.................ってな、“贖罪”をテーマにした物語?!

父として妻や娘に何もできなかった無力感を背負い苦しむ男と、現代社会の陰で苦しむ人々、家庭崩壊、幼児虐待、自殺、そんな病んだ社会のなかを彷徨う様を描きたかったんかな。

この作品、なんといっても元校長先生を演じる主役の拳さんの存在感が、やはり秀逸やったし、そんなベテランと絡む子役の演技も、なかなか悪くなかった。

作品全体の雰囲気も思ったほど嫌味がなくてエエんやけど、どうも時折見せる小賢しい演出ってのが、ちょっと興ざめやったなぁ......................?!(苦笑)

« 『トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー』 | トップページ | 『モーツァルトとクジラ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事