« 『ラッキーナンバー7』 | トップページ | 『人間の証明』 »

2018年1月 8日 (月)

『ハットンガーデン・ジョブ』

今日は、イギリスの実話を基にした映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、テアトル系の映画館でやってた“What A Wonderful Cinema”っていう企画モノ上映会の作品のひとつとして、紹介されたものらしいんよ。

ハットンガーデンっていうのは、イギリスのロンドンにある宝飾店の25%が集まる地域のことで、2015年に374億円とも言われる宝石や現金が盗まれたっていう事件をネタにして、この映画は作られてるんやって。

被害金額の大きさもさることながら、逮捕された犯人のなかに、年金受給者なんかも含まれてたってことで、えらい話題になったみたいやね。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ハットンガーデン・ジョブ / The Hatton Garden Job   ★★★☆☆   (2017年)

監督:ロニー・トンプソン
出演:マシュー・グード、フィル・ダニエルズ、ラリー・ラム、マーク・ハリス、クライヴ・ラッセル、デヴィッド・コールダー、スティーヴン・モイヤー、ジョエリー・リチャードソン

銀行を襲う代わりに銀行家の家に強盗に入って逮捕され、刑務所に行った男は、そこでハンガリー・マフィアとのコネクションを作り、出所後に彼らの依頼を受けて、警備会社の貸金庫を襲撃することに..............ってな、実話を基にした犯罪ドラマ?!

大きな獲物を狙うにあたり、男が選んだパートナーは、歴戦の大ベテラン、そしてその男の旧知の仲間たちだったが、彼らはかなりの高齢で............ってことで、ちょっとしたユーモアを交えながら、強盗をスリリングにってとこなんかな。

イギリス映画っていう先入観があるせいかもしれんけど、所々で、なんとなく初期の“ガイ・リッチー節”を意識したような作りになってて、それなりにテンポよく、楽しめる内容にはなってた。

ただ、ベテラン俳優を使ってることで、ちょっと演技のキレのなさがリズムを悪くしてたかも。
まぁ、それによってマシュー・グードくんのイケメンぶりが際立ってるってのは、あるんかもしれんけど.........?!(笑)

« 『ラッキーナンバー7』 | トップページ | 『人間の証明』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事