« 『狼少女』 | トップページ | 『ハートストーン』 »

2018年1月17日 (水)

『ワンダーウーマン』

今日は、アクション映画をひとつ、ご紹介♪

この作品、主演のイスラエル出身の女優ガル・ガドットの美貌が注目されたのか、なかなかの話題やったんよ。もともとモデルとしてデビューしたみたいなんやけど、本国では女優のほかに歌手もやったりして、なかなかマルチな活躍をしてるみたいなんよね。

飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女なわけやけど、今後もブラッドリー・クーパーとの共演作のほか、すでにワンダーウーマンの続編や、DCコミックの他のヒーローである“フラッシュ”へのワンダーウーマンとしての出演等、なかなか多忙らしい。

というわけで、そんな作品の感想は.....................?!

ワンダーウーマン / Wonder Woman   ★★★☆☆   (2017年)

監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、コニー・ニールセン、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、ユエン・ブレムナー、エレナ・アナヤ、ユージン・ブレイブ・ロック、ルーシー・デイヴィス、サイード・タグマウイ

全知全能の神ゼウスによって外界と隔離されて作られた、女性だけで暮らす島で育てられたプリンセスは、ある日、外界での戦争により迷い込んだアメリカ人パイロットと出会い、この戦争が軍神アレースの仕業と確信した彼女は、男と一緒に戦地に向かうことを決意するのだが.............ってなアクションもの?!

アレースを倒して戦争を終わらせ、争いによって苦しむ人たちを救いたい、そんな思いで立ち上がったワンダーウーマンの誕生秘話を...........ってとこなんかな。

この作品、主演のガル・ガドットに注目が集まってて、なるほど確かに見栄えがするんやけど、何気に脇にロビンくんやシューリスくんがいたりして、なかなかエエんよ。

ロビンくんなんか、演技派女優が、まさかあんな格好してアクションするとは...........って驚きがあって、ある意味、オファーしたDCコミックの本気度が計れるね(笑)

見ごたえのあるアクションにテンポのいい展開、まぁ、都合がよすぎるとも言えるんやけど、公開前のネガティブな声が公開後に変化して、ヒットした理由ってのが分からんでもないかな?!

« 『狼少女』 | トップページ | 『ハートストーン』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事