« 『パフューム ある人殺しの物語』 | トップページ | 『長い散歩』 »

2018年1月22日 (月)

『トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー』

今日は、劇場未公開の作品のなかから、コメディものをひとつ、ご紹介♪

この作品で監督をしてるアンソニー&ジョー・ルッソ兄弟は、スティーヴン・ソダーバーグとジョージ・クルーニーが設立したプロダクションの第1回作品である『ウェルカム トゥ コリンウッド』って映画で少し注目されて、この作品も含めていコメディ路線の作品を作ってたんやけど、マーベルのキャプテン・アメリカの監督に抜擢されて、そちらがメインになりつつあるらしい。

ヒロインを演じてるケイト・ハドソンといえば、母親がコメディ系の女優として知られるゴールディ・ホーンってことで、デビュー当時はサラブレットとしてかなりの人気やったんやけど、最近はどうも、マイナー系の作品の脇役って感じなんかな。

というわけで、そんな作品の感想は................?!

トラブル・マリッジ~カレと私とデュプリー / You, Me And Dupree   ★★★☆☆   (2006年)

監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
出演:オーウェン・ウィルソン、マット・ディロン、ケイト・ハドソン、マイケル・ダグラス、セス・ローゲン、アマンダ・デトマー、ボブ・ラーキン、ビル・ヘイダー、ラルフ・ティン、ビリー・ガーデル

新婚ホヤホヤのふたりの生活に転がり込んだ夫の親友、トラブル・メーカーの彼に振り回され、家庭はメチャクチャになるが.................ってなコメディ・ドラマ?!

おバカながらどこか憎めない厄介者、そんな役どころは、オーバーリアクション気味のウィルソンくんにピッタリとはまるんよね。

主演3人の相性がいいのか、いつもならかなり鼻につくケイトくんのあざとい演技も、妙に心地よくおさまってる感じで、なかなか見事やったりして?!(笑)

ドタバタとナンセンスに大騒ぎしながら、さりげなく“自分らしさ”を失わないことの大切さをメッセージとして訴えてくるあたりに、コメディながら、ちょっと感心したりして。

まぁ、そんなことを言ってみても、所詮はおバカな内容で、とりあえず脳みそカラにして観るべしってね!?(笑)

« 『パフューム ある人殺しの物語』 | トップページ | 『長い散歩』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事