« 『あゝ、荒野 後篇』 | トップページ | 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 »

2018年2月17日 (土)

『バーフバリ 王の凱旋』

今日は、劇場で公開中の作品のなかから、インド映画をひとつ、ご紹介♪

この映画、2週間ほど前に2部作の前篇『バーフバリ 伝説誕生』を紹介したんやけど、年末に劇場公開がはじまった後篇が、実はまだ公開中になっていて、当初より劇場数が増えてるってくらい、ひっそりと(?)ヒットしてるんよね(笑)

インドの大河ドラマってことで、そのスケール感やら、ほどよい(?)感じのインド映画らしい賑やかさってのが、たぶん魅力なんやろなぁ。

というわけで、2か月目に突入しても、まだまだ劇場が埋まってる、そんな不思議な魅力のある作品の感想は........................?!

バーフバリ 王の凱旋 / Bahubali 2: The Conclusion   ★★★☆☆   (2017年)

監督:S・S・ラージャマウリ
出演:プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、アヌシュカ・シェッティ、ナーサル、ラムヤ・クリシュナ、タマンナー、サティヤラージ

自分が何者かを知ったバーフバリは、波乱に満ちた父親の生き様を聞かされ、圧政に苦しむ民衆のために、先頭に立って戦うことを決意するのだが.............ってな、歴史アドベンチャーの後篇?!

一度は王位に就くことが決まっていながらも、兄の仕掛けた陰謀により、その地位を追われ、それでも信念のまま生きた父バーフバリの意思を継ぎ..............ってなことで、暑苦しいくらい熱いドラマが展開するんよ(笑)

前篇はレンタルでの鑑賞やったからアレやったんやけど、CGで作られた世界は、なかなかスクリーン映えする感じで、かなりの迫力やった。

ボリウッドらしく、歌と踊りで、今回も情感たっぷりに盛り上げてくるあたりは、観ててちょっと疲れる部分であったりもするんやけど、“らしさ”は十分やったよ(笑)

宿命に導かれるまま、苦しみや悲しみを背負いながらも、信じた道を突き進む、そんな男の生き様ってのを、とことんドラマチックに描いた作品は、これはこれで十分に楽しめるのかもね?!

« 『あゝ、荒野 後篇』 | トップページ | 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事