« 『彼女の人生は間違いじゃない』 | トップページ | 『スクランブル』 »

2018年2月28日 (水)

『ビニー/信じる男』

今日は、スポーツ伝記ものをひとつ、ご紹介♪

この作品の主人公であるビニー・パジェンサっていうボクサーは、何度かチャンピオンベルトを手にしながらも、波乱万丈のキャリアを歩んだ、伝説的なボクサーらしいんよ。

ボクシングといえば、最近は日本で認められる団体が増えたこともあってか、確かにチャンピオンの数が増えてて、タイトルマッチが次から次へと開催されてて、少し“ありがたみ”ってのが少ないかもね。

というわけで、そんな作品の感想は.......................?!

ビニー/信じる男 / Bleed For This   ★★★☆☆   (2016年)

監督:ベン・ヤンガー
出演:マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、ケイティ・セイガル、テッド・レヴィン、キアラン・ハインズ、アマンダ・クレイトン、ダニエル・サウリ、クリスティン・エヴァンゲリスタ

ライト級の世界チャンピオンだった男は、タイトルマッチに負けたことで、プロモーターから引退勧告を受けるが、新しいトレーナーの助言を受け、階級を上げて挑戦し、スーパーウェルター級で世界チャンピオンになったものの、その直後、交通事故に遭い、首の骨を折るなどして、再起不能と医師に宣告されるのだが.................ってな、実話を基にしたドラマ?!

半年間も首を固定する生活を強いられながらも、再びリングに戻ることを信じ、トレーニングを積み、見事に復活し、新たな戦いに挑む男の姿を描く...................ってなことで、不屈の闘志をってことなんやろね。

どちらかというと、これまではナイーブな青年役のイメージが強かったマイルズくんが、マッチョなボクサーを演じるってところで、最初は少し違和感があったものの、体を鍛えて、なりきった熱演は、なかなか悪くなかったよ。

トレーナー役を演じるアーロンくんが、久々に見たら、いい具合に額があがってたところも、ハゲ目線では、いい感じの味わいやった(笑)

勝負の世界に生き、愚直に戦うことを求める、そんな男の生き様は、ドラマの盛り上がりとしては、少し物足りなさはあったんやけど、リアルな話としては、ちょっとグッとくるものがあったかな?!

« 『彼女の人生は間違いじゃない』 | トップページ | 『スクランブル』 »

ボチボチでんなぁ」カテゴリの記事